QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2009年03月03日

続・民警(6)

 込み入った、とはいってももったいぶるほど大したネタではないのだが。



ロシア型予審判事(公判前の証拠の有効性などを検討する)の制帽。もともとソ連時代の予審判事はソ連民警の制服で襟章のエンブレムが法務科のもの・・・というだけの違いであったのだが、どうやら現ロシアでは民警そっくりで兵科色がスカイブルーという制服を使用しているらしい。
法務省および廷吏の制服と紛らわしい(時期があった)のであまり注意をしていなかったのだが、先日のINTERPOLITEXで買った「民警の一日」(笑)という題名の再現(やらせ)DVDにそんなような制服が出てきたことで気がついた。そのつもりで「業界」を回るとあっさりこんな制帽が手に入ってしまうのだから面白い。
DVDを見る限りでは兵科色とエンブレム(ロシア軍法務科と多分同じ)以外は民警そのままのようである。



当然voentorgではこのような肩章も売られている。青い側線のグレーズボンなら手持ちがあるので夏服ならすぐにでも再現できるわけだ。



スペースが余ったので関係ないが小物を紹介。おそらく61年規定の巡査用肩章であろう。
民警には当時准尉の階級はなかったのだが、軍の准尉用によく似た織り模様が面白い。作業服用なのか65年に廃止されるルバシカ及びキーチェリ用なのかはよく判らない。  

Posted by Yakov at 18:35Comments(0)