QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2009年03月05日

現代装備の迷宮(1)

 ミリショーが近いのでバタバタしているのだが、何しろ嵩張るものが多いので家中地獄のような有様である。さて、筆者のリアル知人には知れ渡っていることだが、筆者の頭の中はソ連時代でほぼ止まっているためタクテコーな装備はまったくのキタイスカヤ・グラモータ(中国語文献=珍文漢文の意)である。ソ連時代の試作品までならまだついていけたのだが・・・。と弱音を吐きつつちまちま紹介していく(連続ではやりたくないのだが)。





どこぞのPX品メーカーが勝手にこさえた装備にしか見えないが、例のロシア軍主計部付属軍服博物館からほにゃららで手に入ったものなので(笑)少なくても軍の採用試験にはエントリーしたものだと思う(タグは取り去られていた)。ジッパーとベルクロを併用するとか妙に凝っているのだが便利かどうかは微妙。裏面の防水処理は一昔前の感じだ。







以前旧ブログで紹介したソ連最後期試作型と6Ш92(ロシア軍正式採用品)の中間のような構造なのだが、「軍手の滑り止め」のような質感のゴム製ドットがなんというか両生類的なヌメヌメ感を醸し出している。装備ポーチを目一杯組み込んだシステムパックなのだが革のパーツも結構多く、過渡期的な仕上がりである。これまた博物館ほにゃらら物なのだ。製造刻印はよく見えないが98か99年らしい。細かい講評は(ド素人なので)勘弁していただきたい。
  

Posted by Yakov at 19:45Comments(2)