QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2009年03月23日

商業系(1)

 ソ連時代、商業系の労働者はあまり重視されておらず、優秀な学生はまず技術系を推薦された・・・とよく聞かされたものだが、余禄の大きい職種だけに時々は名誉を与えないと腐敗の温床になってしまうというものである(実際温床だったみたいだが)。その辺のバッジを中心に。



モスクワの百貨店といえばGUMであろう。赤の広場に面した一等地で伝統ある建築物なのだが、もともと小規模なコーナーに分かれていたのでソ連時代から「中野サンモール」みたいな印象がぬぐえない。現ロシアでは西側モードやら何たらが入ってさらによく判らない場所になってしまっている。
このバッジにはモスクワ市生活委員会商業本部・・・とでも訳すのだろうか、物々しい文字が入っている。実のところ当時の売り子が普通につけていたバッジのようだが。



これはモスクワ川沿いのデパートのバッジ。以前TsMU(モスクワ中央デパート)のバッジも見たことがあるので、いずれこの辺のバッジを集めだすことになりそうだ・・・。  
タグ :店員記章

Posted by Yakov at 17:48Comments(0)

2009年03月23日

武装警備員(6)

 本日(あと数分だが)所用につき簡単に。





旧ブログでも紹介した国立銀行の現金輸送員と警備員のバッジだが、帽章とセットで売っていたので重複も省みず買い込んでしまった。以前専用ボタンのついた黒いジャンパーも紹介したのだが、こうなると純正の帽子が欲しくなる。実は制服が頻繁に変わるため、制帽なのか略帽、ベレーなのかすらわからないのだが。現状を知るために用もないのに銀行に立ち入ることになるのだろうか・・・。
ま、そんなわけでいつか制服を調べるためだけに口座を開設することになるかもしれない(笑)。
・・・正直日系銀行(買収されて今はみずほ銀行だが)にもう口座を持っているというのに・・・。
ちなみにそこは民警が警備しているため面白みに欠けることこの上ない(<身勝手)。  
タグ :警備員銀行

Posted by Yakov at 00:10Comments(2)