QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2009年03月24日

商業系(2)レストラン

我ながら地味なネタだとは思うが、まあ好きなのでしょうがない。



下にあるのはただの商業労働者優秀賞だが、上にあるのはモスクワのレストラン・「アルバート」の給仕バッジである。民営化された現在はともかく、ソ連時代にはそれはもう、超高級レストランとして知られていたところだ。筆者など(根がケチなので)横にある惣菜コーナーでケーキやらサラダやらを買う位が精一杯である(苦笑)。
給仕以外に盛り付け担当やコックのバッジもあるわけだが・・・お察しの通り、現在この手のバッジは想像以上に高価なのでそうそう何種類も集めていられないのだ(悲)。



鉄道駅その他交通機関のレストランは統一機構で運営されていたようだ。鉄道弘済会みたいなものだろうか(<多分違う)。まあこの辺はソ連末期か、ひょっとするとロシアになってからのものかもしれない。
ソ連映画「二人の駅」に登場するような「クソ不味くて選択の余地のないチケット制のレストラン」というのも今になって見ると一度経験したかったと思う(今ではどこで食べてもそこそこ美味いし)。
ソ連時代にレニングラードまで長距離列車に乗ったことはあったがなにしろ夜行の急行列車だったわけで・・・。



オマケに食器も一つ載せておこう。ボロ市で買った塩入れだが、戦前の博覧会(今はВДНХ)会場のレストランからくすねてきたもののようだ。どう考えてもスターリン時代、綱紀粛正の真っ最中。なんというか、いい根性をしていると思う。  

Posted by Yakov at 18:10Comments(2)