QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年03月04日

雑記・ソ連レーションとチョコレート

 今回も簡単に。
以前ソ連レーションの話で「標準糧食No.5」に含まれるチョコの話を書いたが、15g包装のチョコというのはふつうに生活していても個人的にあまり目にする機会はなかった。ソ連でも現ロシアでも、特に副食類は市販品をそのままレーションに入れるのが普通なのでぜひ民需品パッケージでもよいから手に入れたい、サイズだけでも知りたい、と悶々としていたのだ(変態)。



この秋、ボロ市で腹をすかせた「探索者」相手に15g包装のチョコを売っているおばさんを見かけ、その後滞在先の場末スーパーのレジ横で大量に発見した。
銘柄自体は大変メジャーな「アリョンカ」なのだが(以前にも100gや200g包装、さらにはワッフルサンドのような小型版は紹介したことがある)、今後「学校のおやつタイム」に参加する機会もないので(笑)これは買いだ!と思うのは当然だろう。
レジの姉ちゃんに嫌な顔をされつつ(個包装は数が多いと面倒なのだ)20個くらい買い込んでしまった。
その後もスーパーに行くたびに探したが20gとか25gとか「残念賞」な包装ヴァリエーションばかりで、「古臭いもの」を探す難易度は結構高いと思い知らされた。

そんなわけで食べた後の包装は捨てずに置きスキャンして量産(バーコードはフォトショで消す)、なんちゃってレーションをリエナクトに活用しようと企んでいる現在。
リエナクター以外からするともはや狂人だが、そもそも「マニア」という言葉自体が「狂人」を意味するのであった、チャンチャン。
  

Posted by Yakov at 17:15Comments(0)