QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年03月30日

悲しき末期型(1)

 はて、「奴ら」を「解放軍」とか呼んでいるシンパの方々は(昨日お願いした通りに)もうこのブログに来なくなってくれたのだろうか。出来ればもう二度と筆者との接点を持たないでいただけると嬉しい。
ま、いつまでも奴らを呪い続けていても仕方ないので今日はもう通常更新。5月にはおのれも地下鉄の露と消える身かも知れず、さりとて日々の生活は続くのである。

ソ連最後期には、職能章の類にとんでもない代物が増えてきた。パーツ不足のための現場裁量なのか適当なバッジ専門工場(あるいは当時はやりの「協同組合」)に発注したら勝手に適当なものをよこしたのか、はたまた(私が知らないだけで)超簡易型の生産を許可する指令書があったのか・・・。因果関係の解明は(ロシアの趣味フォーラムで)マニア諸氏の研究を待つことにして(<他力本願)時々こういうキワモノも紹介してみたい。



「当番バッジ」の項でも紹介したのだが50年代半ばからピンバック式特技章の類といえばこのような真鍮製金具つきが普通であった。記章本体が真鍮(及び類似合金)の時はやや異なる形状の金具をロウ付けしたものもあったのだが、本体がたとえアルミであろうとリベットで付けられるこのタイプは非常に息長く使用されていた。





末期型の陸軍将校特技章、空軍パイロット特技章、航法士スナイパー章、歩兵特技章。初期の七宝入り合金製とは異なり、表から見ても金メッキアルミ製+ペイント(焼付け塗装ですらない)と充分に悲しい出来だが裏はもうなんというか・・・。
以前紹介したドサーフ用ならともかく、軍用でこの出来なのには(はじめて見たとき)心底悲しかったのを覚えている。











  

Posted by Yakov at 17:39Comments(8)