QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年04月03日

建設関係(4)

 久々にこのネタを。



左はソ連工業建設省所管・東シベリア建設本部のイルクーツク特別建設局の25年記念バッジ。
スペツストロイというとスターリン時代の囚人労働機構を連想させる名称だが、戦後は給与面での優遇とかむしろよい意味の「特別」という意味合いもあるので誤解なきよう。・・・ま、金銭以外の生活条件がいまいちなのは昔同様だが。
右は交通建設省の25周年バッジ。スターリンゴシックのビルが図案化されている。本部の所在地なのだろうか。



連邦エレベーター設置局とでも訳すのだろうか(文法的に見てエレベーター設置連盟ではないと思う)。
АМУは正直工場名なのか地名なのかよく判らない。中央アジアの湖にしては周囲に山脈もないようだし・・・。識者のご見解を以下略。



ゴーリキー市(今はニジニ・ノブゴロド)の第3パネル住宅建設(資材)工場の20周年記念バッジ。
建てただけでは使い物にならず、きちんと住もうと思ったら自費の内装工事が必至と悪評の高いソ連高層住宅だが、とにもかくにも住宅が必要だった急成長期にはやはり頼りになる工法であったようだ。
ちなみにこの工場は民営化されて現在も操業している。

  

Posted by Yakov at 17:46Comments(4)