QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年04月15日

労働英雄「系」(2)

 筆者はこと勲章に関しては並以下のコレクターなので諸先輩の目に触れるようなところにはあまり書きたくないのだが、これ系のネタをやる以上必要最小限の紹介は避けられないので・・・。



左から労働栄光3級(級が上がるごとに金と七宝部分が増える)、労働赤旗、栄誉記章。戦後、労働英雄関係の上級勲章の代表的なところというとこの辺だろう。右の二つは戦前の制定なのでリボン台座のないスクリューバックタイプがあったり、80年代終わりに「栄誉記章」が「栄誉勲章」と改名されたとか(改名後のものは実に稀少)とかいろいろあるが、この辺の解説は専門家にあっさり任せたい。


к сожаленнию,копия.

(画像はさすがに複製なのだが)労働赤旗スクリューバックのもう一世代前(1928年)はこのようなデザインであった。
この辺の高級複製は外人観光客を騙すため(?)か純銀などを使って何個か作られており、栄誉記章の初期型(サイズが二回り小さい)とかレーニン勲章初期型(中空で銀製)など入手したことがある。ま、一定のレベルに達していれば筆者には充分なので、この辺も含めて自分は「勲章コレクター」ではない、ということなのだ。
また機会があったら別のものも紹介するかもしれない。

  

Posted by Yakov at 18:07Comments(5)