QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月07日

謎の国・ヤポニスタン続報

撮り溜めた写真の整理(要はフォトショ作業である)がなかなか終らない。無駄に高画質で撮影するとブログ掲載の時に苦労する・・・といういい見本である。



モスクワの骨董品店で撮影させてもらった謎の国・ヤポニスタンの記章。店主によるとソ連で言う連邦英雄に相当するものらしく、確かに(リボンベースなど)少し似ている。真鍮か何かの着用用レプリカなのか?と聞いたらオリジナルだ、とのことで確かにずっしり重い。なんでも15gの金を使用、中央の星はホワイトゴールド(<詳しくはググるべし)、10個の極小ブリリアントを使用しているとの由。

伊達や酔狂でこんなものを発注する人間もいるはずはなく、確かに公に制定されたものなのかもしれない。もちろん高価すぎて筆者は購入を見送ったわけだが、店主は「買う気がない人間には見せられない」、といって裏面は撮影させてもらえなかった(どうやら特別な人間が授与されたものらしい)。表面に日本の漢字に似た刻印があるように見えるのだが、これはまあ偶然なのだろう。
それにしてもリボンの痛みが相当激しい。元の持ち主はかなりの頻度でこれを着用していたのだろうか。





別の店で今度は銀製のものを見つけ、(なんとか手の届く範囲だったので)購入した。しかし連邦英雄に第二等級があるというのも変な話で、おそらくこれが本来のヤポニスタン英雄章、先の純金製のものが特別なヴァージョンと考えるのが順当だろう。裏にはラテン文字でヤポニスタン(リボンプレートにはキリル文字でヤポニスタンと書かれている)のほかに刻印があるが、ソ連の造幣局を示す記号に少し似ている。通し番号01というのは複製業者が勝手に打ち込んだ数字なのだろう。いやあいくらなんでもまさか・・・。


・・・今回もネタ記事なのでくれぐれも本気にしないように。  

Posted by Yakov at 19:20Comments(6)