QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月23日

続・近隣国(15)アフガン狂い咲き4

 アフガンの小物ネタはまた後日ということにして、今回はひとんちコレクションに便乗、アフガンウール服のヴァリエーション紹介を。


коллекция А.Жукова

友人のコレクション(商売道具というべきか)から。どこからどう見ても(ボタンまで)ブルガリア軍のものだが、後述の物と出所は同じらしいので「ブルガリア軍そのまま無改造」品も大量に供与されていたということだろう。まあ70年代、ブルガリアンスプリンター迷彩(ただし色合いが砂漠っぽい奴)もそのまま使用していたらしいので何の不思議もないのだと思う。
友人宅にはもう一着同型があったが、それにはブルガリア正規軍型襟章がついたままだった。


тоже

アイクジャケット風の腰まわり処理が特徴的なタイプ。ソ連軍事顧問のうち階級が高い連中はこのようなタイプを好んだようだ。


тоже

完全にシャツ型の裁断でポケットフラップは米軍シャツにも少し似ている。物凄く肌触りが悪いと思うが。


тоже

先のアイク風裁断だが、裾がゴムで絞ってあり、ジッパー式で左腕にもポケットがある。比較的階級の高い軍人用だろうか。ジッパーの品質はソ連製がはるかにマシに見える感じで、筆者が購入したもの(昨年11月22日更新分)などジッパーの下端が(いかれているので)縫い止めしてあり、着用時はプルオーバーのように引っかぶらざるを得ない体たらくである。まあ愛着は充分にあるのだが(笑)。  

Posted by Yakov at 17:43Comments(4)