QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月27日

創造的日用品。

 今回は完全に一発ネタ。玩具マニアの友人からもらった逸品である。





針金とつぶした空き缶(アラブ圏のものらしい)、超強力スプリングと木切れで作られたネズミ捕りである。
木切れを(餌をつける)フックに引っ掛けて、そのフックがずれるとものすごい勢いでふたが閉まるのだ。バネを2本使用していて、作動音がものすごく怖い。
工業的製品も何種類か持っているが(どこかに入り込んだので後日探してみる)どれもバネが必要以上に強くて恐ろしい音がするのは共通している。金属プレスのものなど(本体にワニ歯が成形されているので)ネズミがバラバラになりそうな迫力がある(中古は絶対買いたくない)。

手作りネズミ捕りといえばソ連時代、この関係の大長編エスニックジョークがあるらしい。友人も全部は覚えていないそうだがグルジアとユダヤ編だけ聞いたことがある。
・・・ソ連各地のネズミ捕り創作コンクール。グルジア人の発明はレンガを3個「コ」の字を横にした形に組み、その前に大きめのチーズを置いただけ。発案者が説明するには(以下すべてグルジア訛)「ネズミチーズ見る。すごくでかい。手を広げて叫ぶ、『ヴァフ!なんてでかいチーズだ』手がレンガ当たる、上のレンガ落ちる、ネズミ死ぬ」というもの。
で、ユダヤ人の発明は剃刀の刃を台に植えただけで餌はなし。ネズミが「俺のチーズをどこに隠しやがった!」と台にはいつくばって首を振りながら探すので剃刀で首を切って死ぬ、というやつだった。

・・・オチが面白くなかった貴方は日本人。笑った貴方はもうロシア人になってしまった、ということで人生諦めていただきたい。  

Posted by Yakov at 17:14Comments(2)