QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年07月15日

友の会(9)

 今回は現代ロシアの青年組織を中心に。ソ連時代の「公認」組織と違ってクラブ的なものが多い。



政党「統一ロシア」が中心になった青年組織「ナーシ」が軍~治安機関の図案をもじって作った「青年愛国運動体」ワッペン。別に決まった制服があるわけではなく「キャンペーンごとに服を変える」組織なので、ひょっとすると「普段着」にもこういうものをつけているのかもしれない。
そういえば、本年の戦勝記念日から数日後、ナーシが行った大規模な示威行進ではソ連軍ルバシカ(肩章はゲオルギーリボン)をプリントしたお揃いのTシャツを着た若者が街にあふれていた。ご丁寧に勲章・メダルまでイラスト化してあったこのTシャツ、ちょっと欲しい気もしたのだがまだ入手できていない(笑)。
・・・横に写っているアエロフロートの旧型袖章バッジは無視していただきたい。



右下はペテルブルクの秩序維持青年隊のパッチ。任務的には民警補助員と似たようなものとは思うが内務省直轄というわけでもなさそうだ。
残り3つはいずれも戦跡を回って遺骨の収集などを行う青年組織のもの。遺骨収集後の改葬のほか「愛国+歴史教育」ということで発掘した兵器や被服ほかの遺品を整理・展示、研究も活動内容に含まれている。筆者の知り合いにも何人か会員がいるが、発掘品を一部コレクションに回しているのかどうかよくわからない。



左はペテルブルクの地方補助員。通常の内務省系民警補助員とは別組織のようだがこれまた詳細は不明。ネオナチなどの組織暴力に対抗できるだけの力があればいいのだが・・・。
右はソ連時代の義勇消防隊のもの。

  

Posted by Yakov at 17:19Comments(2)