QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
Yakov

2010年07月22日

非常事態省(2)

 この項(1)は今年の2月・・・。だいぶ間が空いてしまったが、ぼちぼち小ネタでフォローしていきたい。



軍の制服がユダシキン服に改定されたのを機にМЧС制服も新型に切り替わってきた。新制帽のデザイナーはもちろんユダシキンではないのだが、クラウンが小型化して「民警型」帽章に切り替えたところはなんとなく軍とリンクしているような。オレンジ色のパイピング、かなり青みの強いウェイブグリーン(?)的な生地と独自性も十分だが。



(1)で紹介した准尉用に」加え、他の階級用ベースも新規購入した。シャツ用肩章の色がこれまでにない色調のライトブルーになったことがわかる。シャツ本体はこの春購入したので紹介は到着後に。新型シャツは裁断まで変わっていて実に面倒くさい。



特に新型用というわけではないが、非常事態省航空隊の袖章と帽章。帽章は紺色の「非軍事要員」の西側ナイズされた旧制帽につくものだが、クラウン・バンドともに幅が縮まった新型制帽に付けられるのだろうか?
以前は消防士などが「軍事要員」型制服(階級章明示)、救命員・本部職員などの非軍事要員(階級章なし)と分かれているのだが改定ですべて「階級章つき」制服に変わったようだ。飛行要員の新制帽については今後の究明課題ということでひとつ。
  

Posted by Yakov at 17:06Comments(0)