QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年12月03日

続・近隣国(23)バルト。

 週末は非常にバタバタしているので今日も簡易更新。バルト三国ネタをもうちょっと。





エストニアの「森の兄弟」討伐バッジ。戦中~戦後にバルト三国からポーランド、ウクライナあたりに出没した反共ゲリラ討伐戦に参加した民警(内務省軍含む)や民間協力者が授与されたものでオリジナルはなかなか貴重なのだ。裏のスクリューもオリジナルで、バルト諸国では戦前から結構このタイプのスクリューが使われている。
そんなわけで貴重は貴重なのだが、事実上国全体がネオナチと化した現代のバルト三国では持っていると「肩身が狭い」バッジとなってしまったわけで・・・。むしろエストニア国外のほうが手に入りやすいのかもしれない。
・・・実際「森の兄弟狩り」では結構無茶な作戦があったようだが、所詮戦中はナチドイツ、戦後はゲーレン機関やらと関係の深かった「森の兄弟」。現政府が言うほど立派な連中であったかどうかは以下略。





ほかに紹介する項目が思いつかないのでここに載せておくが、4~50年代のラトビア製(タイヤの)空気圧測定器。ここらのベークライト製品は戦間期から有名で、小型カメラミノックスなんぞもここらの産であったように記憶している。  

Posted by Yakov at 20:47Comments(1)