QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年12月21日

武装警備員(9)

 8月以来だが、久しぶりにВОХРでも。今回もまた誰得ネタなのだ。



昨年3月に紹介した49年型鉄道警備員制帽にようやく帽章が付けられそうだ(上)。裏のピンが折れていたり七宝が欠けたりしているからといって文句をいえる筋合いでもない。予想どおり結構な散財であった(泣)。
兵用肩章の方はオリジナルと思しいものだがボタンはレプリカ(実物はクロームメッキ)だ。これまた文句をいえる筋合い以下略。・・・こう書くと足元を見られっぱなしのように聞こえるが、購入時、(肩章の売主が)通りがかりのマニア数名(みんな知り合いである)に「相場はどれくらいなんだ?」と聞いてまわったところ・・・。皆がみんな「貴重だけど市場に出回ってないから相場なんか知らない」と答える様な状況で、まあ適当な価格で収まったような気がする。



時代は下って69年製造の武装警備員用ブシラート。ダマンスキー島で国境警備隊が着ていた綿入れを紺色にしたようなもので、ボタンは普通の軍用規格がついていた。
ちなみに(肩章がつかないため)裁断は戦前の軍用綿入れと瓜二つ。ボタンを取り替えれば「戦前の空軍綿入れの代用」といっても通るような気がする。
そもそもそんな需要は存在しないけどな。  

Posted by Yakov at 17:11Comments(4)