QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年01月05日

財務省・国立銀行(4)小切手帳。

 実のところソ連の銀行組織も西側の銀行組織も大差ない。外貨決済をやっているのだから当たり前なのだが、文革やらポルポトみたいな歴史的(に断絶した)奇形児と(おそらく意図的に)混同したがる向きがあるのは実に頭が痛い。
で、ソ連時代の小切手帳だが・・・。







小切手帳自体は特に珍しくないと思うが、実はこれ、ソ連解体の時期を挟んでいるため「ペン書きで」カザフスタン国立銀行の小切手帳に切り替えられているのだ。新規発行だと印刷が大変だ、ということなのか、下手に切り替えると偽物・詐欺が横行するためか「切り替えで無効」という最悪の事態を避けるためかよくわからないが、手書き変更だとその担保となる信頼性はどこにあるのか日本人には皆目見当がつかない(ちなみに「制限つき」の記載が消されているが、利用者が勝手に消してても判らない気がする)。
・・・きちんとした銀行システムを組んでいても、こんな大変動の時期ではどうにもならないのがよくわかると思う(手書きでよしとしよう、というのはお国柄だと思うが)。
こんな中で巨万の富を築いたオリガルヒの一匹についこの間有罪判決が出たが、「まだまだ生ぬるい」というのが正直な気持ちである。



気を取り直してついでにバッジネタも。上はソ連対外貿易銀行のバッジ。ソ連人の海外出張用チェックにもここのシンボルマークが描かれている。
下の左側は国営保険会社、右はソ連中央銀行の記念バッジだと思う。  

Posted by Yakov at 16:52Comments(2)