QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年01月11日

再びピオニール(4)

 モスクワから書籍の2/3、40kgが到着した。まあこのくらいの量だとまだ何とかなるのだが、100kgを超えると処理キャパシティを超えてしまうので実につらい・・・。
今回は簡単に制服ネタで。



ボロ市で買ったピオニールパッチつきのシャツ型制服だが、オレンジ色というのは写真集で見たことはあるものの現物を目にするのは初めてだった。ボロ市にしては結構強気な価格設定だったのだが、珍しいものと見るとついふらふらと手を出してしまうのである(馬鹿)。
何物か分からぬまま宿にしている友人宅で別の友人に見せたらひとこと「ピオニールキャンプの服だね」。どうやらアルテークとかその辺の「管理側」の服らしい。そういえば襟にあるのはピオニールでなくコムソモールのもの。大きなお友達、いや世話を焼いてくれるお兄ちゃんの服ということなのだろうか(ちなみにコムソモール指導員は30歳まで)。

あとでコムソモールピンを外してみたら、ピン自体は普通のものなのにスクリューは「戦前の軍階級章についていた」ような戦前の記章工場製であった。・・・割高なシャツであったが、どうやらこれで元がとれてしまったようだ。ま、そう思って喜んでるのは筆者だけかもしれないけど。  

Posted by Yakov at 16:57Comments(0)