QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年01月19日

馬関係(4)

 久しぶりに装備品系も取り上げてみよう。



キャンバス製の折りたたみバケツはどこの国でも似たようなもので、日本の放出品店などでも英軍やフランス軍のものをよく見かける。まあ生地の色の方はお国柄で多少異なり、ソ連軍のものは(生成りのものもないわけではないが)ご覧の通りくすんだオリーブグリーンのものが標準的である。
このバケツは例によって「馬マニア」の友人にもらったものだが「未使用の戦後品と使用済みの戦中ロットのどっちがいい?」と聞かれたものでつい未使用のほうをもらってしまった。一般兵科の使用済みならどうということはないのだが、リエナクター集団の「使用済み」は「つい昨日馬の涎がついた」ようなものばかりなので心情的に仕方ない。





なんだか砲兵の照準器ケースのようにも見えるが騎兵用の装備入れと聞いたのでとりあえず紹介する。騎兵装備の資料は線画イラストばかりなので同定が結構難しいのだ。





かなり以前のリエナクメント記事で紹介したと思うが、友人が30年代のマニュアルを元に縫製したレプリカの騎兵綿入れ。縫製のほうはそこそこしっかりしているのだが、アバウトな性格の発注者が前留め用ホックの位置を適当に指示したので(笑)購入後、自分でホック位置を調整・付け直ししなければならないのが面倒くさい。
戦前の規格なので階級章は襟に付けるのだが、昨年のキエフ解放イベントでは戦前仕様に肩章を付け足して着用していた。「移行期」設定だと手間が省けて実に助かる。  

Posted by Yakov at 17:23Comments(2)