QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年01月22日

商業系(17)レストラン備品

 本日来客につき以下略。今回もレストランネタだが、いつもの食器コレクションではなく、紙ものを取り上げてみたい。



一発ネタで恐縮だが、1965年のレストランメニューを入手したのだ。表紙にпрейскрант(独語由来・preiskrant):価格表の表記とモスクワレストラントレストの記載があるトレスト共通のカバーがついており・・・。



その内側にレストラン個別のメニュー用紙が差し替えで入っている。これはカフェ・「モスクワの灯火」のものだ。



内側にはタイプライターでその日のメニューが打ち込まれているわけだが、その日の朝(前日?ここでは65年1月23日)書き込まれたメニューが適宜ペンで修正されて客の手元に届いているのが分かる。
個人的に当時の物価がよくわかる資料は貴重なので実にありがたい。前菜やスープ、メインディッシュの価格、ワインの価格やデザート菓子(市販品とレストラン製の両者)紅茶やコーヒーがレモン・ミルクの有無で微妙に価格が異なっている点と見ていて飽きない。ちなみにレモンなしの砂糖入り紅茶は4カペイキだった。



だからどうした、といわれるかもしれないが、バッジマニア的にはこういうシンボルマークの記載部分は見逃せない。「モスクワ市執行委員会・通常食供給管理本局・モスレストラントレスト」のシンボルマークがそのまま図案化されたバッジが後日手に入ったら、と思うとワクワクするではないか!(<変態)  

Posted by Yakov at 22:27Comments(4)