QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年03月31日

92-93移行期軍服(1)

 また新しい項目を立ててしまったが、例によって落穂拾いのネタである。ソ連解体後のロシア軍服装規定(CIS軍規定、という名称だが)は微妙な着用規定の変更:主に一部礼装の廃止・簡素化-とともに新型制服(プロトタイプ的なものだが)導入も徐々に始まった時期である。





移行期の将官ブルゾン。1988年ブルゾンが94年ブルゾンへ変更される途上のデザインで生地は従来のもの(ロシア軍はより緑がかった生地となる)。そしてポケットプリーツやジッパー導入といった部分はのちの94年型に受け継がれている。
特筆すべき差異としては肩章がエポレット式となっていることで、ここには金属星章を直接ぶち込んだようだ。



将官の肩章用金属(プラも存在)星章はほぼこの時期だけに存在した(上の二つ。下はサイズ比較用の佐官星である)。ソ連でもロシアでも基本将官は迷彩服だろうがなんだろうが布製刺繍肩章を着用するのはご存知のとおりだ。



文章だけで説明するのもなんなのでソ連将官コートへの着用方を示す。このようにエポレット+布肩章がこの短い時期を除けば標準なのだ。
さらに、94年前後の一時期、試行錯誤の結果だろうか、エポレットに通すタイプの将校肩章が一定数製造されたこともある。



細かいことだが、この服には右のような新型将官ボタンが付属している。左はおそらく純正品を紛失したのを旧ソ連将官プラボタンで補ったのだろう。  

Posted by Yakov at 18:17Comments(2)

2011年03月30日

旅行用品(12)

 このシリーズも似たようなものばかりで恐縮だが、見ればつい買ってしまうので仕方ない。



とりあえず上が食器、下が洗面キットのケースである。



洗面キットのほうは60年代後半のものだろうか。ブラシのほかはすべて金属製のケースのみがセットされているが、歯ブラシ、石鹸箱のように一目瞭然のものもあるが、ほかは髭剃りセットやネイルセット、化粧水、オーデコロンなどを適宜購入、収納する男女兼用タイプのようだ。蓋裏には鏡がついていたようだが残念ながら失われていた。



食器セット・「ツーリスト」の中身は木製の柄がついたスプーンとフォークのセットなのだがケースの仕切りと食器のサイズが微妙に合わず、収納にえらい苦労する。箱と中身が別なのかとも思ったが柄のデザインと箱の模様も微妙に似ているので純正品だとは思うのだが・・・。まあ壊れていないだけまし、ということで。
なんというか、この趣味を始めてから寛容の心が身についた気がする。  

Posted by Yakov at 17:50Comments(0)

2011年03月29日

続・近隣国(32)

 またも落穂拾いを淡々と。表題にもかかわらず、ぜんぜん近隣じゃない国が増えてきた事に関してはスルー推奨、というかスルーお願い。



インドネシア海軍の制帽章およびリボン。某施設の不要品処理箱に入っていた代物だが、リボンが明らかにソ連将官肩章のベース絹織である。このような例はキューバ軍将官(尉官佐官はソ連准尉用を使用)の制帽リボンとかでも時々見かけるが、となるとこれはスカルノ政権かそれ以前の規格ということだろう(そりゃあ反共のスハルトがソ連製品を使うわけがない)。
60年代のインドネシアは非同盟諸国でも左派色が強かったので意外と交流があった、というのがこういうものからも伺われる。帽子自体の裁断とか調べたい気もするが、また(趣味が)脱線しそうなのでやめておく(笑)。



キューバ軍の将校礼装バックルは以前にも紹介したが、この銀色(クロームメッキ)のものは治安警察(保安省?)のもの・・・と聞いたが実のところ(なにしろ国家章だけのデザインなので)よくわからない。
たしかに治安軍の帽章はアルミ製銀色だったが、ほかにも似たような組織は多いのでおいおい確認して行こうと思う。  

Posted by Yakov at 17:43Comments(0)

2011年03月28日

国際関係(3)

 また地味なテーマで淡々と。


муляж!

現代のロシア友好勲章レプリカ。ソ連・民族友好勲章の後継といえるもので、文化人・国際交流関係で日本人も何人か受勲している(筆者は3人くらいしか覚えていない)。受勲したご本人(故人)の勲章を撮影した記念写真を見せてもらったことがあるが、このレプリカとどう違うのかまったくわからなかった(笑)。



ソ連とロシアの「共闘関係強化メダル」の変遷。右二個の違いは国防省関係のメダルの階位が変更された2009年を境に生じたもので右が新型。ちなみにこの年から内務省でも独自の「共闘関係強化メダル」が制定されている。



CIS(СНГ)の国防省連絡本部記章。現代では各構成国個々の協力関係が重要となってCIS統合軍の存在感はかなり薄れてしまったが、連絡機関という意味では現在も存続している。  

Posted by Yakov at 18:13Comments(5)

2011年03月27日

90年代税関補遺(3)

 本日「浜松町」にお越しの皆様お疲れ様でした。
閉場後に邪悪なネタ話(爺放談である)にかまけていてこんな時間になってしまったので、本日は積み残しネタを処理しつつ淡々と。



88年式ソ連税関制服は97年に新型制服が導入されるまでの間、主に年から微妙なマイナーチェンジを続けつつ基本形は維持されてきた。この将官制帽もこれ自体は年代半ばの製造なのだが基本は88年式と同じデザインで、ご覧のように「ソ連将官制帽の税関配色」という佇まいである(検事局の89年制帽も同様の色違い)。まあこの辺にも例外はつき物で、モスクワ総局の副官(中将)が特注の制帽に一般職員帽章と海軍型つば飾りをぶち込んだものを以前紹介したと思う。



税関の資料集には97年導入と書かれている左側のボタンだが、実際には90年代半ばのソ連型制服に付属しているものが多数あり、92年以降のある時期から導入されたと思われる。右側の72年ボタン(基本デザインは50年代から同一)と遠目にはよく似ているので代用したい誘惑に負けそうになる(笑)。
この両者のデザインの変遷は非常に面白く、帝政期、革命直後、1920年代半ばとこの両デザインが交互に採用されていたりする。



実はこれは沿ドニエストル共和国の税関肩章なのだが、ソ連デザインを微妙に残した新型になっているのがわかる。最近気がついたのだが、昨年2月7日に紹介した緑地にクロスしたメルクーリの杖帽章はドニエストル税関のものらしい(恥)。ここのものは微妙にソ連を踏襲していて時々勘違いしてしまうのだ。  

Posted by Yakov at 23:24Comments(0)

2011年03月26日

続・税金警察(2)

 明日はミリショーだが、まあLet it be な感じでまったりとしていようと思う。
とりあえず落穂拾いの税金警察ネタ。





税金警察の制服にはダブルの背広タイプとオフィス軽装のブルゾン、警護部門の「戦闘服」があるのだが、この服はそれのいずれでもなく係官(准尉以上)の作業服的なもの。戦闘服につくような胸の血液型や所属省庁パッチ、背中の「税金警察」標章はつけずに階級章(フルカラー)と袖章のみ、という地味な服である。この例では袖章が服に直接プリントされている珍しいバリエーションであるが、もちろん手縫いでパッチをつけたものの方が多い。
画像は省略したが、カーゴポケットがついた大仰な戦闘ズボンと異なり、この服にはシンプルな外出用裁断のストレートズボンが付属する。
規定上、この服には略式キャップをあわせるが(制帽の着用も可)戦闘服の着用規定書に「顔全体を覆うマスク着用図」が記載されているのはなかなかシュールである。



この服にはスリッポン式の肩章がつくのだが(戦闘服には星章のみ)専用の肩章を入手するのは(ブルゾン用や制服用と比べても)なかなか骨が折れる。ちなみに左が将官用、右が准尉用(星は脱落)である。  

Posted by Yakov at 16:36Comments(0)

2011年03月25日

帝政レプリカ(3)

 久しぶりにこのネタ。今回紹介するものはレプリカという表現からは少しずれるのだが・・・。





モスクワの委託骨董店に転がっていた劇場用の衣装。1882年式のライフル連隊の規定で前はフック止めになっている。綿でなくウールならありがたいのだが(安価だったので)まあそれはそれで。
・・・しかし筆者的には前あわせが逆なら帝政期の鉄道制服になったのに・・・と明後日の方向に雑念が生じてしまうのがまたなんというか。



手前も同じ場所で入手した歩兵型裁断将校82年制服なのだが、以前紹介した映画制服と比べてもひときわ暗い生地が使われている。博物館の実物も割りと暗色の傾向が強いのだが、ロシア・ソ連のウェイブグリーンの色調の幅はもう、恐ろしいものがある。



以前に画像なしでちょっと触れたが、現ロシアの特別栄誉部隊・将校用の礼装ベルトである。これ自体はごく限られた人間しか用のないものだが、現代のコサックが好んで購入するようで、割と普通にPX で手に入るのが面白い。当時ものと違い銀糸がアルミ糸になってしまったが、現代コサックや軽めのマニアにとっては「2m離れればそれらしく見える」ベルトも馬鹿にしたものではない。  

Posted by Yakov at 17:36Comments(0)

2011年03月24日

袋物(16)RPG

 今回は久しぶりに野戦装備品で。 





以前(昨年6月22日)RPG7 の3発入り弾薬ケースを紹介したが、これは2本入り、しかし空挺用2本入りとも別・・・という難儀なもの。製造は80年代末らしいが(印字が不鮮明で見えず)、ともかくRPG7のマニュアルにもこのタイプは出てこない・・・というのが謎。
弾頭と発射薬パイプが別になっているのは当然なのだが発射薬パイプ入れの隣にさらに長いポケットがついているのがさらに謎。まさか索杖でもあるまいに(<太過ぎ)。



もう手放してしまったが、こういうベークライト部品がたまに転がっていることがある。え?いやあガラスのビンが割れないようにカバーする保護具ですよ、ええ(笑)。  

Posted by Yakov at 16:38Comments(2)

2011年03月23日

97年式税関補遺(2)

 希望的観測だけが大盤振る舞いのここ数日だが、本ブログは相変わらず淡々と地味ネタを続けるのである。



88年から現在(97年式)まで肩章用の階級ピプは基本同型を使用しているのだが、上のタイプが後期、下が前期型のロットである(切り替え時期は未確認)。大型が佐官用、小型が尉官相当官のものだが右上の未塗装のものは90年代の植物検疫尉官(肩章ベースは白絹地に緑ラインと縁取り)用である。検疫官(昨年7月12日紹介の動物検疫官とは別組織)については階級章以外の被服規定が探しきれていないのが残念である。



税関女性職員には略帽以外に専用の外出帽的なものが制定されている。下の88年式は旧ブログで紹介した気がするが、上に載せた97年婦人帽はもう民生のお洒落帽にしか見えないデザインになっている。



97年式の将官制帽。バンドの色を変えれば国家環境保護局とそっくりなのだが官公庁の制服に「共用デザイン」の文字はない(苦笑)。
もっとも、(後日紹介するが)税関と検事局の将官にはなぜか軍隊式帽章、軍隊式刺繍の制帽というものが存在した。基本的にソ連時代の話ではあるが。  

Posted by Yakov at 17:16Comments(0)

2011年03月22日

水筒補遺。

 ミリショーも近づいてきたが、もともと大量の荷物を抱えているので不要不急の品を一箇所にごちゃ混ぜにしておいたら、今現在地獄を見る羽目になっている。コレクションが再臨界とか起こさないだけでも幸いというべきか。



水筒という名では資料のどこにも記載されていない小型液体容器なのだが、職業軍人だった知人によれば「俺は補助水筒としか認識していない」とのことだった。なんでもたいていの奴(<下級兵士ではない)が雑嚢などに放り込んでいた補助容器(たいていアルコール飲料在中)だったとか。本来の製造目的はまだわからない。





以前紹介した1.7リットル熱帯水筒の小型版。もともと民需用として作られているのでサイズのバリエーションがあるのは不思議でもなんでもないが。
大型同様に「飲料水を3日以上入れっぱなしにするべからず」の表示があるが、なんとかその理由も説明してほしいものである。溶け出すのか?何か出るのか?  

Posted by Yakov at 17:07Comments(0)

2011年03月21日

子供服。

 本日来客につき以下略。軍服の虫干しをしていたら出てきた子供服のネタ。



大昔(99年ごろ?)友人にもらった4~50年代の子供服。欧州での子供服の定番(男女ともに、である)水兵服なのだ。筆者の世代的にはマリンルックと呼んでいた。世界共通のデザインとはいえ、そこはかとなく純正ロシアな佇まいがなんと言うか。避暑地用とかの夏服なのだろうがいかにも厚手のウール製で、放置している間にちょっとだけ虫に食われていた。



水兵シャツ風の飾り胸当てをボタンで開閉して着用する。こういうバリエーションは多くの種類がありそうだが筆者の専攻ではないのでよくわからない。



付属の短パン。今回解説がおざなりなのは単に筆者が疎いテーマ故であり、男児用だから詳しく調べる気が失せたとかそういうことではないので誤解なきよう。そもそも「買った」のでなくて「もらい物」だということも重ねて強調しておきたい。  

Posted by Yakov at 20:56Comments(0)

2011年03月20日

友の会(14)旅行系

 本日来客に付き以下略。また久しぶりにこのネタを。



恒例のインツーリストバッジ(上)。デスクワークの職員ではなく、添乗員・ガイドがつけるものだろうか。外国人のツアー客は出発国の組織担当者が作成したバッジをつけるのが普通だ。
下はブルガリアの旅行社バルカン・ツーリストのガイドバッジ。



左は国防省の旅行施設テルスコールのスキー競技3等級章。観光地の娯楽なのか軍の訓練の一環なのか非常に紛らわしい。右上はモスクワ・ツーリスト、下はペレスラブリの旅行組織事務所の職員バッジである。



右はソ共産党25回大会にあわせて開催された国防省旅行協会総会バッジ。たぶん参加章だと思う。左はソ連第4回スポーツくじのキャンペーンバッジらしい。なぜ登山がモチーフなのかは・・・筆者に聞かないでほしい。  

Posted by Yakov at 22:02Comments(0)

2011年03月19日

雨具。

 精神の平衡の保ち方にはさまざまなものがあり、好みのタイプは各人異なる。努めて明るい話題を探す方もいれば最悪の事態を想像することで多少とも落ち着くタイプも。筆者は明確に後者なので、その点ご理解いただけると助かる。ただ、今回の雨具ネタにそういう(?)寓意は一切ないのでそれだけはよろしく。





ソ連の民間用簡易雨合羽。「化学総合企業体・プラスチック加工工場」の84年式(製造89年)ビニール製である。どうせ透明なので鮮明に写りはしないし、むさくるしい筆者の着用写真を載せてもしょうがないので「100均系フードつきシンプル裁断」の説明で勘弁していただきたい。プラスチックのスナップボタンといい何といい、「使い捨て」ではないのだが使い捨て風な風情は否めない。被災地ではたぶん使い捨てにしたと思うが(<いや寓意こめてるだろ)。



新生ロシアのポンチョで96年製、迷彩は通称ショフィールドパターン。裁断はソ連時代とまったく変わらない。
チェチェン紛争では使用例を見かけたが、そもそもこのタイプの有用性は下がっていく一方で、この綿生地型がいつまで生産されたかのはよくわからない。  

Posted by Yakov at 17:17Comments(6)

2011年03月18日

97年式税関補遺(1)

 原発事故関連でモスクワの友人から避難民受け入れの申し出が7~8件。正直ありがたくて涙が出るが当方じじいにつき逃げる気もなく、いつも通りここ東京からの更新である。
今回はモスクワでお世話になっている税関ネタを。



97年式の税関略帽。旅行者が目にする職員はたいてい制帽着用だが、このタイプは屋外検査&警備・武装系職員がよく着用している。裁断は税金警察の略帽ともよく似ており(税金警察ではフラップボタンがドット式スナップ)帽章の付く部分が(民警型と異なり)ポケットになっている。



シェレメーチェボ空港の検査犬担当者。筆者は麻薬とか火薬系を携帯しているわけではないので基本的に怖くはないが、たまに(犬が興味を引きそうな)変な臭いの食品も持ってたりするのでちょっと緊張する(笑)。



どちらもカリーニングラードの税関バッジだが、右がカリーニングラード州税関、左がカリーニングラード市税関・後方支援分署のもの。いやはやコレクターの迷宮に果てはない(苦笑)。  

Posted by Yakov at 17:45Comments(4)

2011年03月17日

学童教育

 福島の原発事故はもうここで書いてもしょうがない状態にまで行ってしまっているが、いまさら逃げる場所もないので本日も通常通り更新することにする。



50年代の1年生用算数教科書。(郵便では50年以上前の本は送れないので)この本は日本国内で入手した・・・ということでよろしく。









不心得にも一部イラストが切り抜かれているのが残念だが、時代を思わせるイラストが楽しいので眺めているとついつい時間が経つのを忘れてしまう(さすがに初等算数なのでわからないところはないし)。
この手のコレクションは80年代のものを除きあまり持っていないので(また集め始めてしまいそうで)怖い。



バルト三国で作られたかわいい学童用缶ペンケース。現地語でネズミを何と呼ぶのか知らないが、頭文字がHなのは間違いないようだ(笑)。



ソ連の文房具にはなぜか公式がプリントしてあるものが多い。これには九九が印刷してあるのだが、もともと試験に口頭試問が多いので「いつも目にすることで暗記する」のを主眼においているのかもしれない。  

Posted by Yakov at 17:31Comments(2)

2011年03月16日

続・近隣国(31)

 今回は落穂拾いで淡々と。もっともその落穂が無尽蔵にあったりするのだが(笑)。



ソ連の88年将校略帽・・・によく似ているが、シルエットにちょっと違和感が見られないだろうか?
帽章から丸わかりだが(<当社比)モンゴルの略帽である。



指先が写っていたりしてちょっと気恥ずかしいが、帽章の下に赤糸で星型の縫い取りがあったのがわかる。布製の赤星でも付いていたのかいなかったのかこの辺は興味がないのでわからないが(<冷淡)。





なぜか手に入った北ベトナムのブリーフケース(合皮製)ソ連ではあまり見ない材質で、もちろん中国っぽくもない(まあ80年代には敵対してたわけだし当然か)。結構凝ったつくりで中を調べてみたら・・・。



75年のサイゴン陥落シーンの写真が入っていた。ソ連の将軍に贈ったものらしく裏にサインが入っている。まあブリーフケースごと売りに出されたわけで、将軍ご本人はおそらく物故されたのだろう(酒代にしたんだったりして)。  

Posted by Yakov at 17:33Comments(2)

2011年03月15日

非常事態省(3)

 どうやらロシアの非常事態省МЧСからの救難隊がもうすぐ日本に到着するようなので今回はその関連で。
今回は地震・津波の被災者探索・救出が主目的のようだが、隣接地の原発事故のことを考えると救難隊自身も危険に身をさらしながらの活動をすることになるのだろうか。



モスクワからは大型機のIl76、極東からは大型ヘリが派遣されるようだが、こうした自前の輸送機関を持っている彼らの航空要員用パイロット章(2等級)である。



2009年以後の新型制服シャツ。非軍事要員の場合以前は白シャツ着用だったが、現在はこのような軍隊式裁断のライトブルーシャツを全員が着用している。ネクタイも新型服に合わせた(ごく青みの強い)ウェイブグリーンとなった。



右二つは以前紹介したのとは別の非常事態省(消防士以外)肩章。左は新型刑務所看守シャツと同じライトグレーだが、兵科色が緑なのが理由不明。看守は兵科ラインが臙脂色のはずなのだが・・・。  

Posted by Yakov at 16:38Comments(0)

2011年03月14日

頭部保護(2)

 居住地は本日の停電予定区域に入っていないので通常更新。言いたいことはいろいろあるが、ブログ炎上も嫌なのでとりあえず口をつぐんでおこう。



GRUが冬季・極寒地で着用する空挺服はグレーの綿地にグレーの天然毛皮張り・・・というのは以前に紹介したと思うが、付属の降下帽は基本このようなものだ。70年代頃までの綿入れ帽と同裁断で茶色の天然毛皮があしらわれている。



某所で入手した化繊・合成毛皮のバリエーション。軍隊ではわけのわからない毛皮やフェイクファーを「チェブラーシュカ」と俗称するのだが、色彩的にはあまり似ていない(笑)。
手書きのサンプルタグがついていたが「特殊部隊用」と書かれていただけで満足な情報は得られなかった。初期型なのだろうか?



ひょっとすると旧ブログで紹介したかもしれないが忘れてしまったので・・・。「クレージー・ゴン」ではない(<古すぎ)。航空整備兵用の防護マスクで、同じような図が60年代の備品便覧に載っていた。
旧型の材質には特記事項がなかったが、これは金属線を織り込んだ特製生地でできている。
高速で飛散する破片・塵に対応する装備であってサバゲ用装備ではない(笑)。



その内側。首に固定するためのベルトタブが見える。  

Posted by Yakov at 16:45Comments(4)

2011年03月13日

頭部保護(1)

 「安全第一」の項では主に民間用保護具を紹介したのだが、この項では軍用のものを。



80年代のソ連戦車兵ヘルメット。夏季戦闘服に同迷彩があったのでまあ存在することに不思議はないが。某施設にてガラクタの山から発見した。



ブルガリア製の空挺ヘルメットだが、正規の軍施設からある程度まとまって出たものらしい(某映画コンサルタント経由)。一部外国製装備を使うことはソ連でも珍しいことではないが、これを着用したソ連兵というのは報道写真等ではまず見かけない。
訓練施設で使ったものか「留学生」の置き土産か微妙なところである。  

Posted by Yakov at 17:06Comments(0)

2011年03月12日

生存報告。

 筆者は東京都内に住んでいるため、今回は身近に災害に巻き込まれた人間はいないのだが、未曾有の災害ということもあって(海外の知人から問い合わせが多いため)取り急ぎ生存報告を。



どうにもやるせないニュースばかり耳に入ってくるが、今現在福島原発のほうも予断を許さず。

狭い国土で避難先もままならぬ身としては、かつてソ連市民が耐えたように今後、放射能とともに暮らしていかなければならないのかもしれない(画像はチェルノブィリ原発事故の処理作業従事者章)。  

Posted by Yakov at 19:06Comments(0)