QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年04月04日

法務系(1)

 旧ブログで法務省や検事局の制服はたびたび取り上げたが、それなりに入手しにくい記章類を中心に淡々と更新して行きたい。今回はまず軍法務部から。



軍事法廷50周年バッジ。学卒バッジよりふた周りも小さい地味な記章だが、配布対象は十分すぎるほど少ない。革命後の革命軍事法廷:レフ・ヴォエン・トリブナール(РВТ)から起算されているのだが、後日紹介する最高法廷もこれを起源として記念章が作られているようだ。



70周年ともなるとソ連最末期、かなり安普請なバッジとなってしまった。デザインはそこそこ凝ってはいるのだが。



2002年発行の「第94駐留軍軍事裁判所・63028号軍事法廷」の50周年記念章。ローカルなものなので起点はここが作られた52年、当然スターリン存命中・・・どうにもよいイメージが湧かない。
ちなみにВ/Ч以下は部隊の識別番号(これ自体は施設の看板にも表示するので機密ではない)なのだが、いつも翻訳には苦労する。
なんにしても、きわめてピンポイントな記念バッジなのは間違いない。この類の記念章、ロシア全土でいったい何種類作られているのやら・・・。  

Posted by Yakov at 17:25Comments(0)