QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年04月26日

チェルノブィリ。

 本日はチェルノブィリ事故から25年ということで。



このメダルは発行数も多く、これまで直接目にされた方も多いと思う。現場、後方・周縁地で原発事故の事態収拾にかかわった軍民両者が受章したものだ。



両者ともにチェルノブィリ事故処理作業従事者章だが左が第605建設局(УС-605)発行、右がベラルーシ軍管区の発行である。

・・・90年代に来日したチェルノブィリで被災した少年少女合唱団など、筆者も以前から多少の接点はあったのだが、まさか25年目にしてここまで身近なものとして紹介する日が来るとは思っていなかった。
緊急事態の中、事故処理の現場でも(急性放射線障害はまだしも後発性の)危険がひどく軽視されていた時代だったが、当時の日本国内では貧弱な装備と報道管制をあげつらった冷笑的な報道がかなり蔓延していた。ソ連は特別だ、と。

で、正味のところ、現代日本は少しでもましになっているの?  

Posted by Yakov at 18:26Comments(2)