QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
Yakov

2011年08月19日

情操玩具(19)

 今回は(ロシア業界では)あまりにも普通な玩具でも。



1/43スケールのАГАТ社製メタルミニカー。ソ連時代からの型を使って生産している車種も多く、80年代末にほとんど同じものをシェレメーチェボの売店で買ったことがある。これはソ連時代の交通警察用ВАЗ-2101で、かなりのロングセラーだ。ちなみに裏にはソ連製・・・との刻印がある。
ボンネットやトランクなど可動部は結構多いのだが悲しいかな亜鉛合金のため20年近くたつと脆くなって実用に耐えなくなる。



同じくソ連時代の交通警察ヴォルガと軍交通憲兵のРАФ2203(ラトビア)。アイテムが渋いのはいうまでもないが、これも経年劣化でドアが外れたりひび割れが見えたりかなりの惨状である。まあ完全崩壊したベラルーシ・トラクターよりはましな状態だが。



ロシア時代の生産品になると塗装のバリエーションがいっそう増えてくる。このZIL-131など、国連軍使用バージョンという斜め上っぷりである。



新婚カップル用のリムジン・・・というのもロシアらしいラインナップだ。大小の指輪をモチーフにした装飾と三色旗リボンのマーキング・・・。結婚宮殿+登録所>無名戦士の墓+市内名所めぐり・・・というのは現代ロシアでも変わりはない。
このZIL-115などは風情があっていいが、最近では「ハマー」(もちろん民間バージョン)を借り切って走行パーティーをやる連中も出てきて品性もへったくれもない。この春などハマーの窓からシャンパンの空き瓶を放り投げる女(<手の特徴から判断)を街中で見かけた(苦笑)。  

Posted by Yakov at 17:39Comments(2)