QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年03月16日

食器(31)

 今回のネタは旧ブログで昔々に紹介したかもしれないが、あちらは検索しにくいと不評なので・・・。



卓上辛子入れ。右は戦後間もない時期のドミトロフスク工房製で右は60年代のものだろう。緑色で「一般食品(関連局?)」の略号とシンボルマークが描かれているのが面白い(工場名は裏面にある)。
小さなさじで内容物(辛子だ)を掬い出すわけだがふたがないのですぐ乾いてしまいそうだ。



同じく。5~60年代のもので工場は別。マスプロ製品のようだが工場で独自のデザイン仕上げは加えているようだ。



塩・胡椒入れ。裏の穴に栓など当然付属してこないのでコルク片などで「自作」することになる。70年代くらいにはポリエチレン製の裏蓋付が一般的になるようだが。工場印の類はないがまあ5~60年代のものであろう。



これも工場等は不明。表面の文字はなんとなくрестран(レストラン)の略号であるような気がしてならない。正味な話、昔はこういうぞんざいな表記が多かったのだ。  

Posted by Yakov at 17:03Comments(3)