QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年03月27日

コサック、みたいな?(4)代用品

 いつの間にか番号がずれていたが(「2」を2回やってしまった)雑記なのでバックナンバーは直さずそのまま。



現代ウラル・コサックのズボンと制帽。昨年秋にコサック専門のショップと付き合いができたのだが、それ以前にコサック装備を探そうとすると(たとえ現代のものでも)結構苦労した。そのときにウラル代用品として購入したのが・・・ロシアの新型刑務官/看守制帽であったのだ。
ここに写っているのは下級勤務員のものだが帽章を替えれば全くの同型(下士官・兵に相当)になるのでかなり重宝したのである*。



これがその刑務官シャツと肩章なわけだが、ポケットフラップがわずかに違う以外は軍用と似たような代物(ただしライトグレー)である。制服は紺色のロシア空軍タイプ裁断なので階級章(非常事態省消防官の旧制服用と同じ)をつければほぼ完成したようなものである。
・・・もし刑務官制服を完成させたとしてズボンはどうすればいいかというと・・・コサックショップに幅の狭いライン入りズボン(コサックロンパス入りと2種がある)が売られているのだ。

ウラルコサックを完成させるために部品を探していたら最後に刑務官制服もそろってしまった・・・という本末転倒の一席であった。

*帝政期のウラルコサックはむしろラズベリーに近い色がシンボルカラーだったらしいのだがソ連時代に(ドンやクバン・テレクと違い)再建されなかったためこの色の使用が廃止されてしまい、現ロシアでは代わりにレンガ色(内務省カラー)を使用している。まあそれゆえのドタバタなわけだ。  

Posted by Yakov at 18:02Comments(2)