QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年08月09日

雑記・ステンシル

 ちょっと旧型ヘルメットの話題でも。うちでいう旧型とはエイドリアンかゾールベルクか…といわれそうだがそこまで古くはない。



今回買ってきたリエナクター用ステンシル。主に(ハルヒンゴルカと呼ばれる)36年型ヘルメットに赤星(のアウトライン)塗装するために作られたものだ。当然の話だが36ヘルメットのオリジナルペイントは非常に少なく、掘り出したヘルメットの腐食部分を埋めたり錆を全部削り落とした後に再塗装したり、シェル以外の部分を新造したヘルメットが(リエナクター用の)大部分なのでこういう「自己ペイント用品」が人気なのである。
・・・36メットの場合アウトラインの中に槌鎌が入るものも多いのだが、それを書き込むのはフリーハンドでやれ、ということなのかもしれない。





この間、ちょっと思い立って「浅草橋の某店」に開業以来置いてあるらしい海軍40型ヘルメット(船内備品)を買ってみた。規格は戦後だが、オリジナルのマーキングが面白い。左側面の「指揮官」マーキングはちょっと出来過ぎな気もするが、筆者の性格的に「自分で描き込み」たくなるのは確実なので、うちの業界的にはご褒美(略。



本体は戦争中期以降の標準的なもので49年製のペイントがはっきりと見えている。…いやはや、なぜ今まで売れていなかったのが不思議である。  

Posted by Yakov at 16:56Comments(0)