QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年08月18日

夏の軍装(4)

 来客の前にささっと更新。戦前のパナマネタをちょっと。





通気口の鳩目が錆びて無茶苦茶汚くなってしまったがグレー生地で作られた1938年パナマ。裏地は赤く放熱効果を狙ったといわれているがドイツでもソ連でも戦後廃れているのであまり効果はなかったのではなかろうか。
最近高品質なレプリカが出ているのであまりありがたみがなくなってしまった。



同型なのだがマニアが2000年ごろ(イベント用に)何個か作ったものだと思う。顎紐が省略されているのか邪魔だから取ってしまったのか。布製の星が兵科色である…という説の真偽はいまだ不明だが、部隊単位で兵科色の星をつけたと思しい写真も残っているのでなんとも。





NKVD(これは国境警備隊だが国内軍用も存在)の亜熱帯帽。実は制定年がちょっとわからず36年ともその前とも言われている。通気口はご覧のように星の周囲に配置されており、国境警備隊は緑、国内軍は暗赤色の布製星型台座がつく。  

Posted by Yakov at 17:11Comments(0)