QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年08月26日

再度パッケージ。

 今回は国内の買い物ネタで。





本日骨董市で見つけたソ連のパピロス「モスコフスキエ」の空き箱。1947年型の箱だが、多分60~70年ロットだと思う。
この手の箱は(結構いい値段がするとはいえ)モスクワでも比較的手に入りやすい部類だが、金色に光るシールに注目していただきたい。…日本専売公社が正規に輸入したソ連煙草の箱なのである。製造工場は有名なドゥカートだが、シールが張られた下に見える「蝋封緘」型のマーク内にはブランド名「ЯВА」と書いてあるはずである(剥がしてないけど)。
同じバイヤーはこれ以外に70年代のバガティーリ(これは持っている)や革命前のハルビン製パピロス、20年代のソ連製パピロス(これもドイツ経由の日本正規輸入品)とかも扱っていて、最後のものにはちょっと心が動いた。



先週別の骨董市で買った戦前のウォッカ瓶(モスコフスカヤ)。戦前はカラーのラベルが貼られていたこともあったが、白い単純なラベルに黒文字で度数と容量だけ書かれた紙+コルク栓に蝋の封緘…というステキなバリエーションもあった。
後者の規格は結構適当らしいので再現してみるのも面白そうだ。  

Posted by Yakov at 18:09Comments(2)