QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年09月28日

再びピオニール(6)

 久しぶりにこのネタを。ピオニールといえばコムソモールも紹介しなければならないがそっちは「友の会」に回した方がいい気もする。選定基準があいまいなのはお許し願いたい。



1923年制定のピオニールバッジ。燃え上がる焚火のモチーフは戦前非常によく使われ、戦後もレーニンの顔と燃え上がるバッジを組み合わせたデザインがよく使われている。スローガン「常に準備よし!」はロシア語やドイツ語では一語で表せる語があるのに(英語や日本語には相当する語がないので)翻訳すると間延びがしていけない。





下に戦前のコムソモールバッジが写っているが、本題は上のネクタイ(赤スカーフ)留め具である。1934-42に使用されたもので別デザインのものも知られている。実は30年代後半に事実上廃止(新規生産が停止され既存品の使用は許可された場合が多い)され、スカーフは首に(留め具なしで)直接結びつけるのが普通になっている。なんでも軍の新制服導入・定員増に従いエナメルの軍階級章の生産量が増大し、留め具の生産に割く労力・資源を節約したためといわれている。



44-58年のピオニールバッジ。これのほかに1~3の等級数字が入った「優秀章」も存在する。  

Posted by Yakov at 16:46Comments(5)