QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年01月18日

二次戦小物(9)

 居間をほじくり返したら出てきた双眼鏡のネタでも。大昔に紹介したかもしれないが覚えていないのでとりあえず。





1935年、ГОМЗ им.ОГПУ(統合国家政治部名称全ソ光学機械工場)製の6x30双眼鏡。光学系コレクター的には有名なブランド(のちのLOMOである)の高級品なのだが残念ながら状態はあまりよくない(居間に放置してた奴が言えた義理ではないが)。ベークライトの接眼カバーが付きそうな構造だがこれには付属してこなかった。





一緒に出てきたケースがこれであるがなかなかみすぼらしいというか相当な戦時資源節約型である。
1938年ころのキャンバスケース(昨年12月18日分参照)などだと基本部位(蓋とか)に本革との併用がなされていたりするがこの例だと基本兵用ブーツよりさらに代用じみた合皮である(内装のバイカ生地もかなり荒い)。内部にもフィルターポケットや接眼カバーホルダーなどついていないシンプルなもので、戦後には元ずっとましな構造に戻されているのだ。  

Posted by Yakov at 17:37Comments(4)