QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年02月03日

光学器(10)付属品3

 またも帝政型装備の続き。このケースは1928年製ツァイス双眼鏡と同時に出たのだが、最近出た帝政近衛将校資料でも今回のものと全くの同型が載っているので1912型販売業者バリエーションとして扱うのである。



スリング固定金具がなく(のちのソ連製で当たり前になる)革タブにストラップを通すだけの簡易構造になったタイプ。



ストラップが短く肩掛け式ではない「ハンドバッグ」風なのだがこのタイプも実はありふれたパターンなのだ。腰ベルトに通すストラップもかなり廉価版感がただよっている。



中身の方は可もなく不可もなく。のちのソ連製によくあるようなレイアウトなのだ。  

Posted by Yakov at 16:54Comments(2)