QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年03月06日

防寒小物(10)

 かなり暖かくなってきたがそんなことにはリンクせず、今日もわが道を行くのである。





裁断としては69年式の兵・将校綿入れ防寒服に近いのだが、生地が将校制服の大佐・将官用ギャバジン生地でできているのが面白い。
ライナーが取り外された状態で入手したのだが、将校アフガンカのような圧縮ウールの裏地なのか普通に綿入れなのか、はたまた毛皮(あるいはフェイクファー)なのかは資料不足でよくわからない。この服自体はおそらく大佐用で(ボタンは一般用だった)高級将校用ベケーシャが廃止されたことによる「直系の子孫」だと思われる(まあ丈はやや長いながらも一般用に毛の生えたような程度だが)。
襟のアストラハンは直接縫い付けてあったのだが取り外し式も存在するのかどうかが気になる。  

Posted by Yakov at 16:43Comments(2)