QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年03月14日

続・近隣国(60)

 今回はキルギスで。



キルギス軍大尉の野戦服。襟の兵科章は94年式ロシア軍そのままでエポレット用の階級章にはキルギスの紋章が見える。
胸の血液型表示はベース服と似たような記事でできているがキルギス国籍表示ワッペンのベースがデジタルパターンなのがまた味である。



キャップは現代ロシアでもよく見かける西側風のもの。常勤将校帽章はロシア軍のものをベースに土台を赤に塗ったものだが、野戦用はどうかというと…ご覧のとおりロシア軍と区別がつかない。これでいいのだろうか?



実はこの帽子、裏地が面白い。キルギスは連邦からの分離直後に東ドイツの迷彩服を後方部隊・民兵中心に配布していたことをご記憶の方も多いだろう。どうやら原反も大量に購入していたと見える。  

Posted by Yakov at 17:47Comments(3)