QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年04月10日

コサック、みたいな?(9)

 今回は「現代コサックショップ」のネタで。



以前リエナクター用のドンコサック制帽を紹介したがファイバー型押しの帝政型つばのそれと違い、これにはラッカー加工をした本革のつばがついている。このタイプはソ連の大佐や将官用としてよく使われてきたものでもあり、(まあ現代ロシア軍の将校も使っているわけだが)高級感があって親しめるものなのだろう。帝政型のフォルムを見慣れているのでスタイルに違和感があるのだがこのタイプを「英国式」と称して好む愛好家は結構いるらしい(<別にドン用の配色からそう呼ばれるわけではない)。



出入りのコサックショップには「右翼つながり」ということだろうか、白軍(これはコルニーロフ軍)のレプリカ制帽も扱っている。帝政型の3か所にパイピングがある制帽はかなり手間がかかるのだが…。



このような方向で簡易化しているとは知らなかった。黒バンドの制帽をミシンで縫い上げてから上に白縁付のカラーバンドを縫い付けているのだ(上部パイピング付近で本体と固定)。



普通に作るとこのように帽子の下端にパイピング布を織り込んで汗止めを後から手縫いする必要が出てくるのだ。
簡易版のアイディアになるほど、と感心した次第である。  

Posted by Yakov at 18:23Comments(3)