QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年03月05日

骨董ティータイム

…骨董品の茶道具ではなく文字通りの意味である。



ソ連時代の紅茶をパッケージ欲しさに買ってきた。まあ正確にいうと義理というかなんというか、「何か買っていけ」といわれ・・・世間のしがらみが半分あるのだが。これはグルジア紅茶配合の36号。ソ連時代からするとえらい高価な値で売りつけられたが、諸物価上昇のモスクワではむしろ安い価格なのであった(20年前の製品だけどな!)



これもレーニン名称製茶工場のインド紅茶。



またまたインド紅茶である。決して「チャイマンガナ(マンガン紅茶)」ではない(<世界で100人にしか通じないネタ)。
  

Posted by Yakov at 17:46Comments(0)