QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
Yakov

2014年05月06日

業務連絡&ゲオルギーリボン

 明日5月7日から6月6日まで恒例のモスクワ出張である。滞在を2-3日延ばせれば6月6-7日の歴史再現大会に出られたのだがビザの許可日数的に不可能であるのが悲しい。
まあそのようなわけでこの間更新を停止する告知記事・・・で終わらせようかと思ったのだが今回は最近話題のゲオルギーリボンのネタに少々触れておこうと思う。

「炎と煙の色」と呼ばれるゲオルギー勲章のリボンは「勝利のシンボル」として特に戦後の対独戦勝記念日には欠かせない装飾である。
筆者はここ10年くらいの知見でものをいっているのだが、少なくてもプーチンが大統領になってからは英雄都市であるモスクワ市民に戦勝記念日を前にこのゲオルギーリボンが配られるようになった。胸にピンでとめたりカバンに巻きつけて持ち歩く、あるいは車のアンテナに結び付けて走る…というのが主な使用作法なわけだが、もちろんこの『配布物』はナイロンリボンに縞をプリントしたごく簡単なものである。
そこでマニアや参戦軍人(<同列に並べるな)はPXで出来のいいリボンを買ったりするわけだ。



左端がその「戦勝記念高級リボン」の幅35ミリ版。中央は帝政海軍水兵帽(ソ連時代に一部親衛艦に復活)リボン(約33ミリ:規定は旧度量衡)、ソ連のゲオルギーリボン24ミリ(栄光勲章および対独戦勝メダル用)である。高級複製は化繊が多いが、雰囲気が上々なうえに紛失してもそれほど惜しくないのだ。



少々脱線するが、帝政期ゲオルギー1級用肩サッシュが約110ミリ、2級(首に佩用)が約50ミリ、3級(同じく首)が約43ミリ、4級用(胸に佩用)が約28ミリ、さらにサーベル刀緒用の約15ミリが存在するのである(画像は必ずしも説明と一致せず)。






  

Posted by Yakov at 19:00Comments(3)

2014年05月05日

ファッション小物・メガネ(3)

 明後日が出発だが、今回も平常運転で。



クラシックな戦前型メガネというとこのタイプを思い浮かべる方が多いと思う。ブリッジを鼻に載せるタイプがこれだがこの製品がいつの生産品かはわからない。



金属芯にセルロイドを被せたものだが、当然火気厳禁である。



似たような製品だが、もちろん細部に違いがあれば購入に躊躇しないのである。



バネ状にセルロイドを巻いたツルが「謎の怪生物」のように映ってしまった。

  

Posted by Yakov at 19:48Comments(0)

2014年05月04日

こぐまのミーシャ特別版。

 いよいよ恒例のモスクワ出張も近づいてきた。正直ろくな準備もせずに無駄な時間を過ごしたりしてきたのだが(寒いショーとか)もう土産探しに骨董市やら観光名所やらを駆け巡る日々が続いている。

そして本日発見したのがこれである。



そう、日本製のミーシャなのだ。愚かなボイコット騒ぎは1980年に入ってからなわけで、その直前までは日本中で結構な宣伝とテコ入れが行われていたのである。何しろテレビアニメまでやってたくらいなのだ(<じじい乙)。



高さ10㎝位のこの人形は富士銀行が顧客向けに作ったミニ貯金箱なのである。モスクワのミーシャコレクターへのプレゼントに買ったのだが3kと(新品同様は5k)それなりの値段で売られていたコレクターグッズなのである。  

Posted by Yakov at 18:12Comments(0)

2014年05月03日

続・時計ネタ(6)

 戦後早い時期の時計の話でも。



文字盤デザインにいくつもバリエーションがあるのだが、ズベズダの角型小型腕時計はやはり外せない。懐中時計よろしく裏蓋を引き抜くとムーブメントが抜き出せるところとか「メカメカしい」佇まいが好きな筆者にとって大好物である。



もう少し後のモデルらしくかなりあか抜けてきた感じのズベズダ。デザインが洗練された文字盤のおかげで時刻も読みやすく、ガラスも薄く透明度が上がっていてかなり使いやすくなっている。



同時期の外国製腕時計。裏にAeherの文字があり、ドイツかスイスのものかと思うが検索しても出てこない。基本デザインは非常に近く、この頃の流行をそのままソ連で生産したのであろう。
  

Posted by Yakov at 18:21Comments(0)

2014年05月02日

ファッション小物・メガネ(2)

 昨日は親戚の不幸により更新を休んだ。今回はマニア地獄のアイテムともいえる眼鏡について。リエナクト時に「時代の雰囲気」の近い眼鏡や時計を選ばないといろいろ大変なのである。



30年代~50年代頃のフレームを使用した老眼鏡。戦前のメガネだと鼻当てがなくブリッジがそのまま鼻当てになっているものが多いのだが、このようなタイプも割とよく見かける(まあ比較的高価だったと思うが)。セルロイド製の鼻当てとか燃えやすいので野戦炊飯時にはあまり使いたくない。



裏面。割と込み入ったデザインなのがわかる。

  

Posted by Yakov at 18:52Comments(0)