QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年01月25日

魔法の機械。

 無茶苦茶な題名だがこの数年、いや10年以上重宝している道具を久しぶりに。旧ブログで一度紹介したがあまりにも昔なので…。



軍用電熱帽子乾燥機、である。もともと毛皮帽は水(通常は汗である)を吸うと縮んでしまうので適合サイズに保ったまま乾かすための装備なのだが…制帽のサイズ変更にも使えるのである。芯がポリエチレンになった最新型はどうしようもないが、伝統的な厚紙新の制帽(ソ連時代、帝政期のすべて)に水を染ませて被せ、ハンドル操作で適合サイズまで引き延ばす(55センチ以上なら2-3センチは大きくできる)というプリミティブな構造なのだがサイズが小さい制帽を持て余しているマニアには夢の機械なのだ。



この指示棒で大きさの目標を定める。54とか53センチとかの制帽(時々あるのだ)はそもそも台にセットできないのであきらめるわけだが。



横から見ると「T2ファージ」みたいだが…。ちらっとしか見えないが中に電熱線(石綿でカバーされているっぽいのでちょっとヤバい)が入っている。240Vで日本の規格には合わないのでぬるま湯的な保温しかできないのだが、まあ放っとけばいずれ乾くからいいのだ。  

Posted by Yakov at 18:09Comments(6)