QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年01月07日

Съ Роджествомъ Христовымъ!

 ブログ読者の皆様、聖降誕祭おめでとうございます!



聖なる日とかいいながら菓子ネタになだれ込むあたりが世俗主義の極みであるのだが、まあアカなので勘弁していただきたい(<すでに矛盾がちらほら)。画像は先月のバザーで買って来た新年包装のチョコレートである。もちろんROSHENではなくロシアPK社のものなのでご安心あれ(<誰に言っているんだ)。



これはポーランド製なのだが、アメリカでロシア系住民のために売られているウェハースケーキである。ウエハースにチョコで飾り付けたこの手の菓子はロシア人の常食する「安くて美味い」定番茶うけなのである。

改めまして2015年がいい年になりますように。

  

Posted by Yakov at 18:23Comments(0)

2015年01月06日

食器(59)

 紹介し忘れていたものを。



小型のアルミ鋳造薬缶。薬缶というより急須のサイズだが、まあ直接火にかけても大丈夫な作りではある。



無駄に肉厚でしっかりしている。デザイン的には50年代終わりから60年代だろうか。紅茶の原液を作って溜めておくにはまあ使えるかもしれない。  

Posted by Yakov at 18:43Comments(0)

2015年01月05日

武装警備員(19)

 今回も一発ネタで。アメ何とかの大統領みたいにテキトー放言してもすかさず従属国が褒めちぎってくれるわけもなく、マニアのコレクション同定作業というのは極めて孤独なものである。推測であっさり流しても後々恥をかいたりするのが普通なのだ。
今回は珍しくすんなり同定できたものを。



80年代兵用常勤ベルトのような合成材の将校型ベルト。北朝鮮とか南アジア同盟国にありそうな材質だが、実は70年代以降(あるいは80年代?)の武装警備員用であるらしい。武装警備員が陸軍将校ベルト風のものを着用するのは珍しくないが、以前は同じ革製でバックル裏の当て革が省略された専用デザインが使用されていたのだ。武装警備員用が合皮製になったこの頃からあと、将校常勤ベルトは革のままではあるが旧武装警備員ベルト(バックルの裏当て革なし)に置き換わっていくのである。  

Posted by Yakov at 21:34Comments(2)

2015年01月04日

交通ネタ(81)

 今回も記章ネタであっさり。



昨年ウクライナ空軍(ウクライナ防空軍の可能性もわずかに残るが)に撃墜されたマレーシア航空エアバス機とよく似た塗装で知られた「航空会社ロシア」(<長い)のネタである。画像上は以前に紹介した帽章と全く違うのだがおそらくより以前の帽章である。もっともこの帽章を使用していた時代に大統領専用機を運行していたかどうか不明だが。
下は航空技術章だが等級の数字がついたものに比べ上級なのか下級なのかよくわからない。何しろ刺繍なので記章自身のグレードで区別できないのだ。

…今日YOU TUBEに上がっていた「倉庫にしまわれたまま年の瀬まで放置されているMH17便の残骸と遺骨」の動画を見た。あれだけ騒いだ欧米はもう永久に沈黙し続けるつもりらしい。この狂った現状が少しはましになる2015年となりますように。  

Posted by Yakov at 18:09Comments(3)

2015年01月03日

医療・衛生(49)

 新年初更新なのだが年末年始に風邪にやられてダウンしていた。まあ一日二日休んでも大勢に影響のないブログではあるのだが。
風邪のせいとか関係なく医療関係の記章ネタから始めたい。



ペテルブルクの市第15病院(ただし市営でなく財政は国家もち)の優秀記念章。デザインが結構気に入っているのだが、驚くべき点はこれがレプリカである、ということである。本当に需要があるのだろうか?<買ったお前が言うか



小さい割に彫刻が細かくピントが合わなくなって申し訳ない。現ロシアの「功労医師」バッジである。ソ連時代のロシア社会主義連邦功労医師バッジは以前紹介したが、ロシアのものはシールド型となって軍服の胸ポケットあたりに着用する規定となった(私服に置いては無論その限りではない)。レプリカは功労医師と功労建設労働者だけが今流通しているが、それ以外の(レプリカが存在しない)功労教師などの記章は当然ながら目玉が飛び出るほど高い。まあそれらも「製造工場から市場に流れている」、という点においては似たようなものだが。
  

Posted by Yakov at 16:40Comments(0)