QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2016年02月04日

砲兵グッズ

 昨日は打合せが立て込んでいて更新を休んでしまった。今回はまた小物を。



1944年型砲兵定規。戦前のもの(37年式)も出回っているが表紙の材質(キャンバス製)と年式の文字が違うだけで機能自体は変わらない(レイアウトも少し違うか)。



タブを指でずらして着弾位置のずれ(左右)を修正して次回射撃のデータを算出する簡易早見表なのである。鉛筆で書きこんでまた消せるようになっている。


  

Posted by Yakov at 20:50Comments(0)

2016年02月02日

続・民警(53)

 今回は記章ネタで。



以前紹介した30年代の交通民警(GAIは国家自動車監督局と訳すべきかもしれないが)の袖章と襟用エンブレム。この襟章は襟章のシステムが変わっても使われ続けていたので43年に肩章式に変わるまで大丈夫なのだ。



アルミ製と真鍮製の民警帽章。形態としては47年中級職員以上の帽章なのだが国家章が別パーツから一体式になったのは50年代あたりだと思う。65年に礼装月桂冠付き帽章が導入されて以降も常勤用、69年以降も大佐・将官用として使われ続けたのでこのデザイン自体はかなり息が長い。  

Posted by Yakov at 20:18Comments(0)

2016年02月01日

その他の公務員(5)

 あっさり記章ネタで。



さすがにこれを一目で識別できる方も少ないと思う。数年前に閉鎖された某ロシア公務員制服サイトにイラストで取り上げられていたのをご記憶の方もおられるかもしれないが、ロシア国境警備隊の文官俑肩章なのだ。拿捕・臨検に向かう国境警備隊艦船に同乗して事務作業を行う(査察官?)要員用なのだが着用する制服の詳細はよくわからない、という困ったジャンルである(<マニア視点)。細線4本が准尉級、太線4本が中佐相当と思われるのだが、民間商船や支援艦隊の制服と同じようなものを着用するのではなかろうか。
・・・これまでイラスト資料しかなかったものの「現物」が手に入ったのにいまだピースが埋まらない…というのも難儀なことである。  

Posted by Yakov at 20:10Comments(0)