QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年02月24日

医療・衛生(6)

 久しぶりにこのネタ。まずはちょっと伝統医学系のグッズから。



パッと見ただけでは何なのか判らない方のほうが多いと思う。筆者も古い映画で知った口なのだが、マッチを擦って炎をこのガラス器具の中にかざし、すぐに患者の肌(主に背中)に押し付けて放置・・・というのが使用法だ。しばらくたつと(冷えて中の空気が薄くなるので)皮膚に強く吸い付き、刺激を与える一種のツボ療法の様なものなのだろう(アバウトに過ぎたら申し訳ない)。
それなりに科学的に検証されているのか、普通の医療機関(軍を含む)で広く行なわれていた治療のようだ(現在廃れたかどうかは知らない)。ま、器具を買っては見たものの素人療法以前に「どこに吸い付かせるか」も知らないので今のところタンスの肥やしになっている。





レニングラード金属工場製の琺瑯製膿盆。戦前の製品と見間違えそうだがそれほど古いものでもない。
現在親族が寝込んでいてこういうものが必要になりかかっているのだが、コレクションを実用に供するわけには行かないため、街の雑貨出店で日本製ステンレス膿盆を買ってきた。
・・・膿盆が何個も転がっている一般家庭というのもなかなか無気味だが、ついついこういうものを買い込んでしまうのだ。






この記事へのコメント
いつも楽しく読ませて頂いてます。
そのガラス製の医療器具ですが子供の頃に婆さん(日本人です)が似た様な物を使っていたのを覚えています。
使用方法は書かれておられる通りですが婆さんは悪い血を出すのだと肌に小刀で傷をつけてから使っていましたよ。
子供心に噴出す血が恐ろしかったのですが当の婆さんは気持ち良さそうでした。
使用部位は肩の後辺りでした、肩凝りが治るそうですよ。
Posted by 通りすがり at 2010年02月24日 22:22
おお、情報ありがとうございます。
瀉血的な使用法もあるのですね。
私が観た映画のほうは画面が暗くて(笑)単なる刺激なのか瀉血なのかよく判りませんでした。
現地で詳しく聞いてきたいです。
Posted by YakovYakov at 2010年02月24日 23:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。