QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年03月15日

品質・生産管理(1)

 現代ロシアで日用品(食品も含む)を買われた方ならパッケージに描かれたロシア工業標準準拠品マークをご存知だと思う。Ст(標準)を図案化したマイクロメーターのようなデザインにロシアの頭文字рを入れ込んだアレである(筆者などはソ連時代のマークの方が親しみがあるのだが)。日本でいうJISマークのようなもので(衣服のタグに押してあるОТКマーク同様)ソ連・ロシアコレクターにはお馴染みなのだ。



1968年創立のВсесоюзный институт повышения квалификации руководящих и инженерно-технических работников в области стандартизации, качества продукции и метрологии卒業バッジ。ご覧の通り気が遠くなるほど長い名称なのだがとりあえず全ソ標準化・度量衡大学と大幅に端折って紹介しておこうと思う(在学生でもすらすらとは口に出来ないのではなかろうか)。描かれているシンボルマークがソ連時代の工業標準マークだ。



左端が技術標準化労働貢献バッジ。かなり安っぽい大量生産型バッジなのだが、支給対象がそんなに多かったのだろうか?
中央は国家技術管理本部のモスクワ州(郡部)5周年メダル。技術管理機関はプーチン時代から組織改革が進んで(専門の制服まで制定されている)、ソ連末期からロシア初期の技術低下や設備老朽化に対応すべく活発に動いているようだ。
右端はこの項で紹介すべきか微妙なのだが、ソ連石炭生産省の労働安全管理官のバッジである。労働環境保全部門のバッジも結構多岐に渡るので時々この項でも触れていこうと思う。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。