QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年04月18日

安全第一(3)

 今回もヘルメットネタ。もう二昔も前のことになるが、以前は「ベルリンの某サープラスの人」に良くお世話になったものだ・・・。





ごく普通の作業用ヘルメットで商標は「建設(労働)者」。まあ「ワークマン」みたいなもんである。旧ブログで紹介した50年代炭鉱ヘルメットはファイバーを樹脂でがちがちに固めたものだったがこれは80年代の製品なので耐衝撃(<多分)プラの軽量タイプだ。日本ではまず見ないタイプの素材だが向こうではよく玩具などでも使われている。ポリエチレンのようにも見えるがなんとも微妙・・・。
バイヤーの仕入れ元がドイツ駐留軍基地なので軍建設部隊が使用したものなのだろうが、ものとしては一般の建設現場でも使用される純然たる民生品である。・・・中南米やアフリカ中近東、東アジアに派遣される「技術顧問」や「建築技師」(軍所属だったりする)の必需品として結構美味しいものなのだが・・・現場で使いつぶされ(当時ものは)市場には全然出回ってこないのが悲しい。



つば部分の裏にサイズ表記と製造年月の記載欄がある。年号表示は当時の定番デザインで、80年代の食品や日用品でもこのシステムが良く使われていた。





この記事へのコメント
おお、懐かしいですね。
このヘルメットと色とりどりの作業服、買っておけばよかったなあ・・・と今更ながら思いますねえ。
Posted by イケシビリ at 2010年04月18日 17:39
チャンスの神さまは前髪だけ、といいますからねえ・・・。
一時はゴロゴロしてて「猫またぎ」・・・といわれていたものが枯渇するとその分後悔も激しいです。
・・・そんなこんなで強迫神経症的に買い込んでしまう・・・というのもマニアの典型症状であります。
Posted by YakovYakov at 2010年04月18日 18:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。