QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年05月01日

品質・生産管理(2)

 本日はメーデー。メーデーといえば国際救難信号・・・と昨年と同じネタを振ってみるのだが本日の某ミリショーはまさにメーデー状態。非常事態省の制服で行った方がよかったかもしれない。まあ所詮、徳のn(略)イベントということで。
本日は「今日のコスプレネタ」で技術管理本部の制服を。



ソ連最末期、80年代後半の技術管理本部の制服。制服の基本形は義勇消防隊などの「準軍事組織基本制服規格」に準じたものだが、この例ではなぜか3つボタンになっている(通常は4つボタン)。
少佐相当の監査官で労働栄光3級、労働優等メダル、レーニン生誕100年、労働ベテランメダルの略綬と優等章、大卒バッジを揃えてみた。



制帽の配色はこのようなもの。同配色の技術学校制帽もあるが、90年代に一時(適当な軍用帽章を付けられて)大量に出回ったことがあり、某有名バイヤーから大昔、「あ、これ違うの?やばっKGBと間違って売っちゃった」と笑える(?)失敗談を聞いたことがある。
帽章のデザインもかなり独自のものだが、中心のハンマー部分のフォルムが鉄道用と微妙に違っているというのがなんというか狂っている。



襟章のアップ。後期型なのでラインもフチもビニールプリントなのだが、70年代くらいにはきちんと縫製してあったものと思われる。階級の星は軍の尉官用と佐官用の中間でロシア軍の星とも微妙にデザインの異なるものがついている。パーツを本気で揃えようとすると地獄の苦しみなのだがあまりにマイナーなジャンルゆえ、苦労が報われることは少ない(苦笑)。



現在の国家技術管理局の監査員バッジ。この辺の細かい記章も結構持っているのでそのうちまた。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。