QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月19日

電話機(3)

 今回は大道具的なコレクションを。こういう「小物」調度品もいい加減溜まってきたのだが(ちょっとした映画なら撮れるくらいに)、日本ではこれにしっくりする内装の建物を見つけるのは非常に難しい。倒産した新潟ロシア村も建物に「ロシアらしさ」の片鱗もなかったし・・・。いつか「活用」できる日は来るのだろうか。



正確には交換電話というべきだろうか、6回線を切り替えられる電話機(推定5~60年代)。重厚なベークライト製で物凄く重く丈夫なのだが、今回郵送中に大破していた。ベークライトは瞬着で結構きれいにつくのでとりあえず修理は出来たのだが、今回はこれ以外にもカメラのカバー、飾り皿といくつかの品が損壊の憂き目にあっていた。これまでほとんどこういう例はなかったのだが・・・。
ロシア郵便が民営化でレベルが下がったのか、はたまた研修で「佐X急便」並みの手荒い取り扱いを学んでしまったのだろうか・・・。



50年代前半のクラシックな電話機まで買ってしまった。ロシア製インレタで文字板にキリル文字アルファベットを入れると実に雰囲気(何の?)が出るのだ。電話線にはちゃんとソケットもついているし。
・・・まあ例によって実用するわけでもなんでもないのだが。




この記事へのコメント
この交換機付き電話は、「KOCMOC」というロシア宇宙開発ネタの写真集に出ていたものに似てますね。
バイコヌールかズヴョーズヌイあたりではまだ現役のようです。
とりあえず白木の机とレースのカーテンなどで演出してみては?(窓ガラスは曇らせておく)
Posted by 津久田重吾 at 2010年06月19日 19:22
・・・渾身のミリネタよりも日用品、小物ネタの食いつきの方が良好な今日この頃。
うちに遊びに来られる方のニーズはやっぱその辺なのでしょうか。
ミリブロを追い出される日も近いのかもしれません。
>現役:
某博物館のアンティーク売店に70年代製21回線交換電話(スチロール樹脂製)があってかなり心が動いているのですが。
・・・ベークライトさえも破壊するX川急X的な郵送システムを思うと別の意味で買い控えたい気分・・・ああ、でも1.2年のうちに買っちゃうんだろうなあ。

>演出:
だんだん荷物が増えてきて小洒落た「演出」に割くスペースがなくなってきました(泣)。
Posted by YakovYakov at 2010年06月19日 20:20
コイツが例の「大破」したヤツですか…本当御愁傷様でした。しかしまあよくこれだけ綺麗に修復出来たモンですね?
何かこう、内線でいいから実際に音声信号通してみたい様な気も。意外と裏秋葉原辺りの変なパーツ屋に行けばどうにかなってしまう様な気が…
Posted by あたがわ at 2010年06月20日 00:30
>修復:
前面がやられてたので開封時凄いショックでしたが、ベークライトの補修は何度かやってるんで・・・泣いてなんかないですよ?
修復が終ってから出てきた破片もあって、アップで見ると変なところがあります、南無~。
>変なパーツ屋:
ちょっと心が動きますよね。当然保留とかもできるんでしょうしねえ。・・・操作マニュアル、ネットで探して見ましょうか(<考え直すなら今のうちだ)。
Posted by YakovYakov at 2010年06月20日 09:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。