QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月24日

二次戦小物。

 またこんなアバウトな表題にしてしまったが・・・。





大戦直前、将校トイレットセットには必需品であった小物ケース(髭剃りや粉石けんを収納)。
なんだ、まだ持っていなかったのか・・・と思われるかもしれないが、なかなかバラで出回る品ではないのだ・・・と半ば諦めていたのだが、今回現地の友人が気軽にくれた。しかもプレゼントの紛失防止ケースとして(苦笑)。
材質は薄手の合成樹脂でセルロイドにも少し似ているが・・・火をつけて確認、とかしたら大惨事になりそうなので確認できない。





ご覧の通り古びたリュックサックで、単なる民需品・・・と見過ごされてしまうかもしれない。だが肩紐をつなぐ胸当てベルトや細部パーツから何となく軍用くささを感じていたら・・・。



刻印からバルト海艦隊付属の工場で生産された海軍用装備リュクサックであることが判明した。もちろん戦前1940年製造なので「海軍歩兵」的運用のために作られたわけではない(開戦後は流用されたかもしれないが)。沿岸防護や基地守備隊、支援兵科など陸軍的な装備を使う連中はいくらでもいるのである。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。