QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年07月27日

で、馬具。(1)

 旧ブログでもちょくちょく紹介した馬具ネタ、また新着品が出てきたのでぼちぼちと再開。



以前、ハミというのだろうか、口にかませる轡と革帯一式を手に入れたことがあるが、これは今回友人からもらった胸懸(たぶん戦中のもの)。
貴重は貴重なのだがその友人が(筆者に)どうして欲しいのかよくわからない。こちとら馬を買う金も繋いで置く別荘もないというのに・・・。まあ突き詰めると「趣味の品すべてがそもそも無駄」という悲しい結論に達しそうなので、これ以上考えないことにする。まあ以前紹介した馬用ガスマスクよりは役に立ちそうだ。



幸運のシンボルとして有名な蹄鉄はこれまで何個か手に入れたが、戦死したドイツ軍馬の発掘品とかあんまり縁起のよくないものばかりだったような気がする。
このポニー用の小型蹄鉄はモスクワ市内の騎馬警察連隊本部で知人からもらったものでとりあえず「やばい」来歴のものではなさそうだ(入手経路は微妙だが)。
釘はコレクター仲間が別荘に貯めこんでいる戦前の純正ストックらしい。まあドアにこの釘で(蹄鉄を)打ち付けるわけにも行かないのでコレクションとして部屋に寝かせておこうと思う。



某コレクター仲間の別荘で子馬の蹄を調整する友人の図。まだ若い馬なので蹄鉄を打つには早い&舗装道路には出さないのでとりあえず削って足の高さを調整しているのだ。
・・・馬を飼ったことはないので(笑)今回初めて知ったのだが、「蹄の削りカス」はどうやら犬の大好物らしい。飼い犬が横に座り込んでカスを投げるたびにパリポリ貪り食う光景はなかなか味わい深いものだ。もっとも、それじゃあ食べてみよう・・・という気にはまったくならないが(笑)。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。