QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年09月16日

映画スタジオ。

 モスフィルムやレンフィルムには何度か立ち寄ったことがあるが訪問記ではなく小物と記章ネタで。



まずは売店のお土産・ノベルティから。モスフィルムのスタジオ本館で買ったこのカチンコ型の巻尺とボールペンは今でも愛用している。ここの売店は他愛無い小物と「賄賂にでも使うのか?」と思うほど高級な置物、装飾品が混在しているちょっとしたカオスである。・・・で、別のフロアにある食品・嗜好品の販売所では小道具用の食品(ソ連時代のタバコと戦前型包装のウォッカは以前紹介した)を「特別料金」で買えたりしてなかなか油断がならない(笑)。
・・・モスフィルムの現在のロゴはキリル文字のM.Fをバックに男女像(後述)のシルエットが黒抜きで描かれているのが面白い。野外イベントではこのロゴの描かれたトラックから空砲用武器を借り出すので(筆者は)条件反射的にそばに寄りたくなる(笑)。



5~60年代のものだろうか、真鍮に七宝のモスフィルムバッジ。ВДНХの前にある巨大像(最近めでたく修理が完了した)はモスフィルム製作の映画冒頭でお馴染みだ。



1961年、映画フェスティバルのバッジもついでに載せておく。



同じくイベント系だが、これは1970年・大阪万博に出店したソ連・映画公団とテレビ・ラジオ委員会のバッジ。日本文字のインパクトが絶大で、向こうでも結構人気のあるバッジだ(読み方教えてくれ、といわれたけど)。

この記事へのコメント
お恥ずかしながら…モスフィルム現行マーク、今回初めて知りました。いや最近はロシア映画でも色々新興プロダクションありますんで…。
万博ネタ、確かにこの「どこから持って来たフォント?」な和文が、やっぱ時代ですよねぇ。ロシアのマニアまっしぐらってのも納得な逸品。ってか多分日本の「万博マニア」間でもレア品なハズなのに、よくもまあ(以下略。)
あーMF売店一度でいいから行ってみたい?
Posted by あたがわ at 2010年09月16日 19:37
>現行マーク:
私も「鉄砲トラック」で刷り込まれただけで、スタジオ敷地内以外じゃあまり見かけませんからねえ・・・。
>フォント:ソ連時代に発行された和露辞典の文字とかすごい味がありますよ。1960年代に和文タイプとか輸出した奴じゃないか?ってくらいに(まさかそこまでじゃないと思うけど)。万博バッジは日本の骨董市でたまに買いあさってますが、やはり本国の方が流通量が多いっス。

>売店:職員や訪問客が差し入れ買ってく食品コーナーにそんなのが売ってるとは、「関係者」が知り合いにいなきゃ気づきませんよねえ・・・。
Posted by YakovYakov at 2010年09月16日 20:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。