QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年09月20日

熱帯服(6)

 旧ブログで散々紹介した海外派遣用(国連や駐在武官)の制服だが、ちょっと補足を。





アフガンカによく似た裁断だが生地はソ連・ロシアが90年代前半まで使っていたものと同一である。最初のうちはいよいよアフガンカのコピーが出回ってきたか、と思ったのだが在中央アジア某共和国の知人から「リップストップ生地のアフガンカを海外派遣ロシア軍が使用しているらしい」と聞いてネット検索してみたところ・・・。向こうのフォーラムで早速画像を発見した。それはこれよりやや白っぽいリップストップ生地でボタンが現用英軍式の二穴紐止めタイプ(正式名不明につき仮称で失礼)なことを除けば(概ね)アフガンカではないか・・・。
そんなことからこの服もその一世代前の(2000年代初頭)海外派遣服だという可能性が出てきた。今度また現地で情報を仕入れて来ようと思う。
アフガンカとの主な違いはエポレットにスリッポン型供生地階級章がつくこと、ズボンの下端にブーツ用ストラップが一切ないことくらいだろうか。



ついでに熱帯用女性ワンピース制服も。1992年タイプで襟の裁断がロシア軍(男性)ブルゾンに似た形状になっている。これが94年制服では上襟より返し部分の幅が広いロシア女性制服独特の襟に変わっていくのだ。





この記事へのコメント
なかなかいい生地ですね(^O^)アフガンカより涼しそうで
Posted by 出射 at 2010年09月20日 18:06
確かにちょっと薄手ですからね。ただまあソ連生地の常で風通しが悪くて熱がこもるという基本は・・・。
そんな理由で「最新型」はリップストップ生地になったのかもしれません。
Posted by YakovYakov at 2010年09月20日 18:52
某Kスタイルで、似たようなペナペナ生地の80年代メイド初期型アフガンカ(腰ひも前結び)を見ましたが、それとは別モノですかね?
Posted by イケシビリ at 2010年09月20日 22:29
これは明白に90年代終わり~2000年頭製造と思います。あまりにアレなんで取り替えちゃいましたが、ボタンが民生品みたいな透明レジンなんですよ。
・・・ソ連製ではありえない、でもロシア軍用ならありうる、という微妙なラインの製品が実に多いです。

で、PX品とも思えない点としては商業タグが一切なくサイズ52-4とか直接チョークで書いてあるだけ、というあんまりなとこですかね。
海外支援服にも一脈あい通じる「不穏当」な一品です。
Posted by YakovYakov at 2010年09月20日 22:44
そういえば現カザフ軍の戦闘服にもポリエステル生地になっただけの「ウソアフガンカ」があるんですよね・・・。
帽子は流石に西側風ファティーグキャップに変更になってるのですが、裁断・色までそのままの癖に生地がテカテカという・・・。

>ペナペナ生地アフガンカ
私も上着だけ持ってます。あれもあれで謎ですよね。
Posted by きむちずむ at 2010年09月21日 07:00
>カザフ:
ロシア最新型もキャップはファティーグキャップ式になってるので相互に影響しあってるかもしれませんね。この時代(2000年頭)のキャップがどうなのかも謎なのですが・・・。

>ペナペナ生地:69でよく見る「ガラス生地」が褪色したらどうなるのか実験したことがないんでよくわかりませんが、新品の頃からベージュなんですかねえ・・・。
海外派遣服の生地っていわく言いがたい代物で(たまにチノパン生地みたいのもあるけど)80年代終わりから出てきたちょっと赤みがある奴なんか涼しさのかけらもないんですよね。
Posted by YakovYakov at 2010年09月21日 08:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。