QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年12月31日

当番バッジ(6)

 本日は所属サークルの忘年会にて以下略。今日も別に海の方に行ったわけではないので念のため。
2008年10月以来だが、今回は各種マイナー組織の当番バッジを紹介したい。



おそらく本邦初公開と思うが、連邦移民局の勤務バッジである。この手の組織は何度も再編されているので制定年度その他を推測するのは面倒である。公式サイトを見る限り現行のバッジだと思われるが。
この組織には今のところ制服は制定されていないようだが、この省庁独自のメダル類は2009年現在でも結構な数に及ぶ。
留学生時代(このころはオーヴィルという組織名だった)にせよ現在の滞在時居住登録にせよ、筆者も(間接的には)この省庁にお世話になっているはずだが、(各種代行機関のおかげで)ここの行列に並ばずに済んでいるのは非常に喜ばしいことである。



エリツィン退陣後、ロシア政府が精力を注いでいる「対汚職闘争委員会」の当番バッジ。終わりなき闘争のような気もするが、目に余る部分はさすがにメスを入れねば仕方ないわけで。
・・・なぜそこのバッジが市場に流れているのかとかその辺は深く考えないようにしたいと思う。



2000年代中期に廃止された税務警察(組織の大部分は麻薬管理局に移管された)の当番バッジのバリエーション。後期には黒バックのものが主流になるのだが、赤と青のエナメルが使用されているこれらは、初期型なのか単なるバリエーションなのか、現在のところ、誰に聞いても良く分からない。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。