QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年01月29日

ちょっと一風呂。

 本日は高齢いや恒例の食事会のため、ちょっと早めに更新しておく。
この前ドイツ駐留ソ連軍施設について少し触れたが、居住施設内のシャワールームでなく別棟の(野戦ではにわか作りが普通な)蒸し風呂、バーニャ用の小物・・・の一発ネタ。





「小物」にしては無茶苦茶かさばるのだが、某施設で不用品の山から掘り出した軍用15リットルたらいと垢すり。垢すりも市販品ではなくサンプル納入用に軍用品工場が持ち込んだもの(タグつき)だ。何でこんなものを・・・と先方は呆れ顔だったが、何の、こっちはもう何年も純正品を探していたのだ。
現代の軍写真集にもよく全裸で風呂の行列に並ぶ兵士が写っているが(局部をたらいで隠すのがお約束)、さすがにそんな風に(リエナクトで)活用するわけではない(<即逮捕だ)。垢すりの方は幸い二つあるので(自宅で)活用しようと思う。



バーニャでは白樺とか香りのよい木の枝とかの束で体を叩き、垢を叩き落す+リフレッシュするわけだが、さすがにそんなものを買ってくるわけにも行かない(植物検疫で引っかかりそうだ)。
床掃除用にロシアの箒を買ってきたのでここで紹介しておく。別に風呂場専用のものではないのだが、ここで紹介しておかないといつ取り上げればいいのか分からないのだ(笑)。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。